インク革命.COM
高品質インクが純正の約50%OFF、19時までのご注文は本日出荷、4000円以上は送料無料
 >   > 

プリンターの4色・5色・6色インクの違いとは?

更新日:2024-06-10
読み終わるまでの所要時間:約10分

プリンターを購入するときに何を重視しますか?価格や機能も重要ですが、実は使用するインクカートリッジの色数も重要なんです。

そこで今回は4色・5色・6色インクの違いをご紹介します。

「4色インク」「5色インク」「6色インク」それぞれのインクの違い

(1)4色インク

ブラック、シアン、マゼンタ、イエローの4色で構成されるインクです。

4色インクには大きく分けて2種類あり、4色のインクカートリッジが独立している独立型と、ブラック以外のカラー3色が一体になった一体型があります。

一体型の4色インクは、ブラック以外のカラー3色のインクカートリッジが一体化しているため、カラーのどれか1色でもインクが切れるとカートリッジごと交換しなければなりません。
そのため、独立型に比べてインク代が高くなってしまいます。

4色インク独立型

MUG-4CL

▲商品はこちら

4色インク一体型

BC-360+361XL

▲商品はこちら

(2)5色インク

顔料ブラック、染料ブラック、シアン、マゼンタ、イエローの5色で構成されるインクです。


■CANONの場合
顔料ブラック、染料ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー


■EPSONの場合
フォトブラック(染料)、マットブラック(顔料)、シアン、マゼンタ、イエロー など


文字印刷には顔料ブラックインクを使用するので、文字も写真もどちらも高品質な仕上がりになります。

文書印刷と写真印刷どちらともこだわりたい方は5色インクがおススメです。

各メーカーの代表的な5色インク

(3)6色インク

下記のどちらかのパターンの6色で構成されるインクです。


■CANONの場合
顔料ブラック、染料ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー、グレー


■EPSONの場合
ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー、ライトシアン、ライトマゼンタ


ほとんどの場合、各色のインクカートリッジが分かれた独立型です。

文書印刷より写真印刷にこだわりたい方は6色インクがおすすめです。

各メーカーの代表的な6色インク

4色・5色・6色インクを比べてみた

キャノンのプリンターPIXUS- TS5430(4色インク対応)PIXUS-TS7530(5色対応インク)とPIXUS-TS8730(6色インク対応)の特徴を比較しました。

色の再現性 文書の印刷 カラー写真印刷 純正インクのコスト インク革命のコスト
4色対応 TS5430
5色対応 TS7530
6色対応 TS8730

(1)4色・5色・6色インクの印刷品質の違い

▲クリックで画像拡大

4色インクのプリンターは、ブラック以外の3色でカラーを表現しますが、5色インクは4色インクに顔料ブラックが追加されています。

6色インクはグレー・ライトシアン・ライトマゼンタなどを用いており、写真印刷では見た目でも分かるように、6色インクの方が表現ができる色の幅が広いのも特徴です。元のデータをより鮮明に再現したいのであれば6色インクがおすすめです。

(2)4色・5色・6色インクはどんな人に向いているか

今回は4色インクと5色インクと6色インクについてご紹介しました。

4色インクと5色インクと6色インクは具体的にどんな人が向いているかをまとめると


■4色インクは…
文書を中心に印刷し、写真印刷の明るさや鮮やかさにこだわりが少ない方、印刷コストを抑えたい方

■5色インクは…
4色インクに顔料ブラックが追加されているので、文書印刷を長期保存したい方

■6色インクは…
きれいな写真や文書を印刷したい方、印刷コストがかかっても印刷品質にこだわりたい方


プリンタ―を使用する目的や必要な機能が備わっていることだけでなく、4色インクと6色インクどちらに対応しているかによってインク代などを抑えることもできます。

プリンタ―を選ぶ際は、ランニングコストもあらかじめ意識しておくことが大切です。



また各メーカーが何色のインクに対応しているのかはこちらを参考にしてください。

4色インク 5色インク 6色インク
CANON
EPSON
Brother
hp
 
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
お問い合わせについて
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.