インク革命.COM
よくあるQ&Aはこちら
 >   > 

インクのICチップとは

更新日:2021-02-03
読み終わるまでの所要時間:約5分

エプソン・キヤノン・HPのインクカートリッジに付いている「ICチップ」とは何なのかと思っている方は多いのではないでしょうか?

一般的には「残量検知機能」と言ってインクカートリッジの中のインク容量を測るもので、もともとは空刷り防止と、インクを使い切った後に中身を詰め替えても、プリンター側でインクの残量0と判断し、再利用できない仕組みとしてメーカーが作ったシステムです。

また、プリンターに専用のインクを認識させる役割もあります。

今回はそのICチップについてご紹介します。

ICチップの役割

ICチップ ICチップ

インクの残量が少なくなるとパソコンの画面もしくはプリンターの液晶に「インクの残量が少ない」と警告が表示されます。

いよいよ残りが少なくなってくるとインク交換を促すエラーメッセージが表示されてプリントを受け付けなくなります。
そういった役割もICチップにはあります。

互換インクは純正インクと同様に残量表示が可能です。

しかし、リサイクルインクの中にはICチップはついていても、残量表示が出来ないインクがあります。

インク残量の計測方法

「インクの残量が残りわずかです」と表示されてもまだ印刷できますが、実際プリンターはどうやって残りのインク残量を測ってるのか気になりますよね?

どうやってインクカートリッジの残量を測っているのかと言うと、全メーカー大きく分けて2つの方法で測っています。

ドットカウント方式(ICチップ利用必須)

インクの使用量をあらかじめ、ICチップなどに記憶させておいて、何回インク滴を出力したかという回数からインクの残量を検知する方式です。

実際にカートリッジに入っているインク自体を検知している訳ではないので、インクが切れたと言う表示が出ていても、実際は中に多少のインクが残っている場合が多いです。

インクを詰め替えたり、再利用(リサイクル)する為には、ICチップのリセットが必要となります。

光学式(ICチップがないインクカートリッジも存在)

このタイプは、光学センサによって残量検知をしています。

光学センサと言うのは簡単に説明すると、プリンター内部でインクに光を当て、その反射光によってインクの有無を判別させるシステムです。

この方式のメリットは、実際のインク残量を検知する為、ドットカウント方式だけの場合と違い中のインクをほぼ使いきることができます。

また光学式のみを採用しているカートリッジは、チップリセット等も必要ない為、インクを詰め替えて使用するのも比較的簡単になります。

メーカー別インク残量検知方式まとめ

エプソン

エプソンはドットカウント方式のみを採用しています。

そのためカートリッジ使用後も実際は中にインクが残っていることが多いです。

また、カートリッジの中が目視できないタイプが多いです。

キヤノン

キヤノンは光学式のみのプリンターと、ドットカウント方式・光学式の両方を併用するプリンターを採用しています。

ICチップを採用しているカートリッジは必ず光学式も併用するので、中のインクを殆ど使い切ってくれます。

ブラザー

ブラザー製のプリンターは光学式のみ採用しています。(弊社調べ)
なので、中のインクは基本的に殆ど使い切ることが出来ます。

また、ICチップ付きのカートリッジと違い、ICチップが原因による認識不良やプリンターの不具合も起こりません。(LC113、LC117/LC115シリーズは除く)

ただし、光学式特有のトラブルはあり、カートリッジの汚れや損傷などでも、正確に残量が表示されなくなることもあります。

まとめ

今回はインクカートリッジについているICチップについてご紹介しました。

各プリンターメーカーが純正インクカートリッジにICチップを付けるようになったのは、インクの空刷り防止や残量検知などの様々です。

しかし、実はわざわざカートリッジにICチップを付けなくてもインクの残量表示は出来ます。

実際にブラザーのインクやキヤノンのBCI-3eやBCI-7シリーズのインクに見られるように、 カートリッジにICチップはついていなくてもプリンター側の機能によってインク残量を表示させる事は可能です。

また、メーカーによっては新機種のプリンターの販売に合わせてカートリッジの形状やインクの成分は同じのまま、ICチップのみを変えて別のインクとして販売しているケースも多いです。

このようにプリンター側で補える機能を、わざわざ消耗品であるインクカートリッジに装着し、再利用しづらくしている点、他のインクを読み込ませないようにICチップのみを変えて、別のインクとして販売する点から「互換・リサイクル対策」というメーカーの思惑があるように感じました。

ちなみに、インク革命.COMのインクカートリッジは各メーカーインク型番ごとにICチップ対応しており、互換インクについては残量検知機能にも対応しているので、安心してお使いいただけます。

 
6月特別企画!
表示された方限定

インク革命.COMで使える

秘密のクーポンプレゼント!

限定クーポン100円引き 限定クーポン300円引き 限定クーポン1000円引き

有効期限:6月30日(水)まで

※クーポンを獲得するにはログインが必要です。 会員登録は、メールアドレスとパスワードのみで簡単に行えます。

まずはインク革命.COMを見てみる
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

プリンター洗浄液

キヤノンプリンター洗浄液
一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002

カンタンお買い物ガイド

お支払い方法について詳しくはこちら
クレジットカード 手数料0

下記のカード会社をご利用いただくことができます。

利用可能なクレジットカード
PayPay支払い 手数料0

PayPayを利用してお支払いが可能です。
くわしくはこちらのページをご覧ください。

キャリア決済 手数料0

下記のキャリアをご利用いただくことができます。

対応キャリア
Amazonペイメント 手数料0

Amazonにご登録の情報を利用してお支払が可能です。くわしくはこちらのページをご覧ください。

コンビニ決済 手数料220
3,500円以上で0円

下記のコンビニをご利用いただくことができます。支払確認後の発送となります。

コンビニ一覧
後払い決済 手数料220

商品到着後、コンビニエンスストア・⾦融機関で後払いできる決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発⾏から14日以内にお支払ください。

代金引換 手数料440
5,000円以上で0円

商品お届けの際に配送ドライバーに代金をお支払いいただく方法で送料の他に代引手数料がかかります。

銀行振込 手数料お客様負担
負担額は銀行による

振り込み先金融機関は下記の通りです。
PayPay銀行 すずめ支店(002)
普通 7485106 カ)シ-コネクトインクカクメイ

送料・配送について詳しくはこちら

【ネコポス|送料一律】275

【宅急便 |送料一律】550

沖縄・離島へ『宅急便』でのご配送の場合、商品代金合計に関係なく【1,320円】の送料が発生します。
『ネコポス』をご利用時は商品代金合計が4,000円以下の場合【275円】、4,000円以上の場合【送料無料】になります。

朝9時までご注文を最短当日お届け
夜7時までのご注文を最短翌日お届け
土日祝も365日、休まず出荷いたします。
配送業者はヤマト運輸となります。お届け時の日時指定は、右記の時間帯で可能です。
配達時間帯
全国配達マップ
※クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済の場合は当店で入金確認が取れた際の目安となります。
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

閉じる