>   > 

純正インクと互換インクの比較(BCI-351+BCI-350編)

更新日:2021-08-30

キヤノンインクBCI-351+BCI-350の印刷枚数

プリンターのインクは何度も交換を行う必要がある消耗品です。純正インクは高価であることから、コストパフォーマンスに優れた互換インクを愛用している方もいるのではないでしょうか。

当記事では、純正インクと互換インクでは、印刷枚数やコストが実際にどう違うのかを比較してみました。

純正インク・互換インクを使い続けた場合のコストパフォーマンスが具体的に把握できる内容となっているため、インク選びやランニングコストについて検討したい方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

■純正インク・互換インクの特徴

純正インク・互換インクと言っても、「同じインクでしょ?」「一体何がどのように違うの」と、違いがイマイチ分からない方もいるのではないでしょうか。

純正インクと互換インクを比較する前に、それぞれのインクの特徴について簡単におさらいしておきます。

・純正インク

純正インクとは、プリンターメーカーが作ったインクのことです。テストを重ねて自社のプリンターに適したインクを作成しているため、品質が高くトラブルが起こるリスクも低い特徴です。ただし、価格が非常に高くランニングコストを圧迫するというデメリットがあります。

・互換インク

互換インクとは、プリンターのランニングコスト低減を目的に、プリンターメーカーとは異なるメーカーが製造した、純正インクと互換性を持つインクのことです。メーカーによって差がありますが、基本的に純正インクと遜色ない印刷品質を持ちます。

互換インクの価格はメーカーによって異なりますが、あまりコストばかり重視すると印刷品質が低下したりトラブルが増える場合があります。

インク革命の互換インクであれば、高品質・コストダウンを両立した適正価格で販売しておりますので、安心してご利用いただけます。

■キヤノンインクBCI-351+BCI-350の印刷枚数

回答

キヤノンBCI-351+BCI-350/6MPの印刷可能枚数はどれくらいなのか?

キヤノンインクBCI-351+BCI-350の純正インクと互換インクの印刷枚数を、それぞれ比較してみました。印刷枚数の比較条件は以下の通り。

■印刷枚数の計測方法・比較条件

BCI-351XL+BCI-350X同じプリンター機種L/6MP(6色マルチパック大容量)の純正インクと互換インクをそれぞれにセットして、ブラック・カラーのインクをまんべんなく使用するカラー文書を連続印刷する。

インクカートリッジ6色のうち、印刷途中でカートリッジの残量が1つでもなくなった時点で終了。終了時点の印刷枚数を計測結果とします。

比較条件は、インクのポテンシャルを正確に比較するために、インク以外の条件をすべて同一としています。

◆用紙はA4普通紙を使用。

◆使用するインク

純正BCI-351+BCI-350/6MP(通常容量) 【純正インク】BCI-351+BCI-350/6MP(通常容量)

純正BCI-351XL+BCI-350XL/6MP(大容量) 【純正インク】BCI-351XL+BCI-350XL/6MP(大容量)

【互換インク】インク革命互換インクBCI-351XL+BCI-350XL/6MP(大容量) 【互換インク】インク革命互換インクBCI-351XL+BCI-350XL/6MP(大容量)

◆使用するプリンター:PIXUS-MG6330

PIXUS-MG6330

BCI-351+BCI-350/6MP(6色マルチパック)
の印刷可能枚数

純正(通常容量・大容量)

インク革命互換(大容量)

プリンターに新品のインクをそれぞれセットして、残量満タンの状態から印刷スタート!

純正・インク革命互換ともに、印刷スタート!

数時間後、BCI-350PGBK(顔料ブラック)がインク切れを起こしたとの表示

画面表示:プリンターインク切れ

この時点での結果は、純正インク:522枚/インク革命互換インク:481枚でした。

純正インク:522枚、インク革命互換インク:481枚

本来であれば、純正インクの方が多くの枚数を印刷できるという結果になり、ここで実験終了のはずです。
だが、しかし!!!
ここでプリンター画面の「OK」ボタンを押すと、なんと印刷が再開してしまった!!引き続き実験を継続してみることにする。

さらに数時間経過した後、今度はBCI-351Y(イエロー)がインク切れを起こす。
今度こそ実験終了かと思われたが、「OK」を押すとまたまた印刷が再開!!

画面表示:プリンターインク切れ

さらに数時間後、純正インクはBCI-350PGBK(顔料ブラック)が完全に無くなり、「インクタンクの交換をおすすめします」ではなく「インクタンクを交換してください」と表示が出てしまった。

互換インクはまだ表示が出ていないが、印刷物の色がかすれ始めて事実上印刷できていないため、この時点で実験終了。

画面表示:顔料ブラックインク切れ 印刷物の色のかすれ

■結果

純正インク:合計716枚/互換インク:合計739枚

純正インク:716枚、インク革命互換インク:739枚

[※プリンター型番、印刷物、使用状況などによって結果に差があります]

ちなみに通常容量の純正インクの印刷枚数は、合計475枚だった。

純正インク:475枚

■純正インクと互換インクのコストパフォーマンス

純正インクと互換インクの今回の実験結果・価格・1枚あたりの印刷コストを比較した表を作成してみた。

インクの種類 印刷枚数(A4普通紙) 価格 1枚あたりの印刷コスト
純正インク
(通常容量)
475枚 5,203円 10.95円
純正インク
(大容量)
716枚 7,766円 10.84円
インク革命互換インク
(大容量)
739枚 3,580円 4.84円

純正インクと互換インクは印刷枚数においてはほぼ差が無く、販売価格については互換インクは純正インクよりも遥かに安い金額で購入することが可能である。

実際に1枚あたりの印刷コストを計算してみると、互換インクは純正インクの半分近いコストで印刷できることが明らかとなった。 (※今回の実験は無理矢理インクタンクを使い切ったため、実際にはもう少しコストは高くなります。)

消耗品であるインクカートリッジはプリンターを使い続ける限り交換が必要であるため、印刷枚数が増えれば増えるほど互換インクのコストパフォーマンスが際立ってくるだろう。

 

PIXUS-MG6330で最初のインクが切れるまで一気に印刷をかけた結果、純正(通常容量)475枚、純正(大容量)716枚、互換インクが739枚という結果になった。印刷できる枚数は純正も互換インクもそれほど変わらないようだな!

ただ、今回はキヤノンのインクカートリッジにしては、印刷できる枚数が非常に多い。特筆すべきは、1本ないし、2本のインク残量がなくなっても印刷続行できたことだな。

「サポート番号=1600/インクがなくなった可能性があります インクタンクの交換をお勧めします」の表示が出ても「OK」を押すと印刷続行が可能。

画面表示:従来のインク切れ、PIXUS-MG6330はインク切れでも「OK」を押すと印刷続行可能

「サポート番号=1688/インクがなくなりました インクタンクを交換してください」と表示が出るまで印刷はできるようだ。

ただ、今回はインクのポテンシャルを測る実験としてインク切れ表示を無視して印刷を行ったが、印字がかすれるほど印刷すると、空刷りでプリントヘッドを傷める原因にもなりかねないので、最初の「インクタンクの交換をお勧めします」という警告が出たら、印刷の区切りの良いところで次のインクへの交換をしておいた方が良さそうだな。

顔料に対応!キヤノンBCI-351XL+350XLシリーズのご購入はこちらから

  • キャノン【Canon】インク型番から探す
 
インク塾TOPへ

 
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002

カンタンお買い物ガイド

お支払い方法について詳しくはこちら
クレジットカード 手数料0

下記のカード会社をご利用いただくことができます。

利用可能なクレジットカード
PayPay支払い 手数料0

PayPayを利用してお支払いが可能です。
くわしくはこちらのページをご覧ください。

キャリア決済 手数料0

下記のキャリアをご利用いただくことができます。

対応キャリア
Amazonペイメント 手数料0

Amazonにご登録の情報を利用してお支払が可能です。くわしくはこちらのページをご覧ください。

コンビニ決済 手数料220
3,500円以上で0円

下記のコンビニをご利用いただくことができます。支払確認後の発送となります。

コンビニ一覧
後払い決済 手数料220

商品到着後、コンビニエンスストア・⾦融機関で後払いできる決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発⾏から14日以内にお支払ください。

代金引換 手数料440
5,000円以上で0円

商品お届けの際に配送ドライバーに代金をお支払いいただく方法で送料の他に代引手数料がかかります。

銀行振込 手数料お客様負担
負担額は銀行による

振り込み先金融機関は下記の通りです。
PayPay銀行 すずめ支店(002)
普通 7485106 カ)シ-コネクトインクカクメイ

送料・配送について詳しくはこちら

【ネコポス|送料一律】275

【宅急便 |送料一律】550

沖縄・離島へ『宅急便』でのご配送の場合、商品代金合計に関係なく【1,320円】の送料が発生します。
『ネコポス』をご利用時は商品代金合計が4,000円以下の場合【275円】、4,000円以上の場合【送料無料】になります。

朝9時までご注文を最短当日お届け
夜7時までのご注文を最短翌日お届け
土日祝も365日、休まず出荷いたします。
配送業者はヤマト運輸となります。お届け時の日時指定は、右記の時間帯で可能です。
配達時間帯
全国配達マップ
※クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済の場合は当店で入金確認が取れた際の目安となります。
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

閉じる