インク革命.COM
 >   > 

純正インクと互換インクの比較(BCI-351+BCI-350編)

更新日:2021-10-01

キヤノンインクBCI-351+BCI-350の文字・写真の印刷品質に差はあるの?

回答

キヤノンBCI-351+BCI-350の純正品と互換インクの印刷比較テストをやってみたよ!

純正BCI-351XL+BCI-350XL/6MP(6色マルチパック大容量) 純正BCI-351XL+BCI-350XL/6MP(6色マルチパック大容量)

インク革命互換インクBCI-351+350XL/6MP(6色マルチパック大容量) インク革命互換インクBCI-351XL+BCI-350XL/6MP(6色マルチパック大容量)

キヤノンのプリンター(PIXUS-MG6330)にそれぞれのインクをセットし、A4普通紙、またL判写真紙で印刷の結果を比較してみる。

PIXUS-MG6330 実験機:PIXUS-MG6330

BCI-351XL+BCI-350XL/6MPで印刷

純正

インク革命互換

インクに付いているテープを剥がして

テープを剥がす

オレンジのカートリッジホルダーを取って

オレンジのカートリッジフォルダーを取る

プリンターにセット!

プリンターにセット

A4普通紙とL判写真紙をそれぞれ印刷したよ!

イメージ:印刷物

※カートリッジ交換前のインク残を消費するため、ヘッドクリーニング後の印刷結果を載せています。

それぞれの印刷結果を比較してみると…

文字印刷結果

印刷結果:純正インクとインク革命互換インク

A4普通紙

写真印刷結果

印刷結果:純正インクとインク革命互換インク

L判写真紙

印刷結果:純正インクとインク革命互換インク

L判写真紙

ほとんど違いがなく、純正品と変わらない品質だね!

 

BCI-350PGBKは顔料、その他BCI-351のカラーインクは染料であるため、BCI-350XL+351XLシリーズを使用するプリンター・複合機は文字・写真印刷に関してバランスが取れている機種が多いぞ。

  • 顔料インク・・・文字印刷に特化していてクッキリと印刷される。
  • 染料インク・・・写真印刷に特化していて色鮮やかに印刷できる。

中でも、モノクロ印刷に関してはBCI-350PGBK(顔料ブラック)がメインに使用されている。

黒文字やバーコード印刷を行うと、顔料インクと染料インクの色合いの差が表れるぞ。印字の濃さ、インクの広がり具合など、染料に比べて文字印刷に特化してることがわかるだろう。

印刷結果:純正インクとインク革命互換インク
印刷結果:純正インクとインク革命互換インク

インク革命.COMも純正と同じくBCI-350PGBKに顔料インクを採用しており、印字も純正に非常に近い品質になっているぞ!

顔料に対応!キヤノンBCI-351XL+350XLシリーズのご購入はこちらから

インク革命互換インクBCI-351+350XL/6MP(6色マルチパック大容量)

単品 680円~

▲商品はこちらから

 
インク塾TOPへ

 
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
お問い合わせについて
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.