>   > 

経費削減で悩むアパレル店必見!
すぐに効果が出る経費削減方法

更新日:2022-08-04
読み終わるまでの所要時間:約10分

経費削減やコストの見直しに悩む担当者は少なくないでしょう。

利益拡大を目指すなら「経費削減」は必要な取り組みです。

そこで今回は、経費削減に悩むアパレル店を例に経費削減策をご紹介したいと思います。

アパレル店舗で最もかかるコストは家賃!

経費

固定費の大部分を占める家賃。

立地や面積などにもよりますが、都心では毎月100万円近くするところもあります。

特にアパレル店舗は立地が重要で、駅ビルや駅近くの商業施設内などはどうしても家賃が高くなってしまいます。

家賃の削減は利益を考える上で有効ですが、オーナーや管理会社と賃料交渉しなければならず時間と労力が必要です。

具体的な経費削減策

変動費の削減

電気代や事務作業で発生する書類の発行・郵送代など、細かい金額ですが積み重なると大きな金額になります。

社内、社外の書類でのやり取りをメール化したり、電気やインターネット回線の契約プランを見直してみるのもいいでしょう。

物流コストの見直し

衣類などのアパレル商品は、サイズや形状が豊富で保管スペースに場所を取ったり、湿度・温度管理が必要だったり、商品によって保管方法が異なります。

また、昨今の各配送業者の運賃値上げの影響もあり、配送費用がかさむ要因となっています。

在庫削減や人員配置の見直し

過去の売上データ等をもとにスタッフの人数を割り出し、人員配置やオペレーションを改善することで人件費は抑えることが可能です。

店舗間や倉庫、EC店舗の在庫管理にIT技術を導入することで、過剰在庫や在庫切れによる販売機会を逃すこともありません。

消耗品コストの見直し

経費削減で、比較的すぐ実行できる策が「消耗品コスト」の見直しです。

事務用品やインクカートリッジなど個々で見ると安いですが、会社全体でかかる金額を考えると軽視できません。

店舗のPOPやプライスカード、納品書や日報などの書類を印刷する機会が多い店舗は、純正インクから互換インクへ切り替えることで、印刷コストを削減することができます。

印刷頻度が高ければ互換インクによるコストカットが重要

受注・発注書、納品書や日報などの書類から店内のPOPやDM、ショップカードやチラシ作成など意外とプリンターを使用する機会は多いです。

どれくらい削減できるのか

インク革命のお客様の実例ですが、印刷コストが月に17,000円程度だったのが、11,000円になり1ヶ月で6,000円の削減ができました。年間72,000円の削減は大きい金額ですね!

BCI-381+380シリーズ(6色大容量)を例に純正インクと互換インクを比較してみました。

純正インク インク革命.com
互換インク
販売価格 11,363円(税込) 4,080円(税込)
印刷可能枚数 1,030枚 1,287枚
1枚あたりの印刷コスト 約10.8円/枚 約3.1円/枚

純正インクとインク革命製互換インクの販売価格が約2.8倍ほど違うので、4,000枚程度印刷する場合はインク革命製互換インクを使用すればプリンター1台買えてしまう程インクコストに差が出てきてしまいます。

経費削減に成功した企業の例

実際にインク革命.comをご利用いただいている企業を例に、どれくらいコストを削減できたのか見てみましょう。

A社の年間のプリンター印刷コスト
B社の年間のプリンター印刷コスト

年間で約394万円掛かっていたコストを、インク革命.comの互換インクに切り替え、50%の削減に成功しました。

また、純正品に比べインク代が安く、型番によってはトナー・インクの充填量も純正に比べ多く充填してあるため、大幅なコスト削減が見込めます。

とはいうものの、「いきなり50%も削減できるの?」と不安に思いますよね…?

50%近くコストを削減できる理由は、プリンターメーカーが、プリンター本体を安価に販売する一方で、消耗品であるインク代を高値で設定することで利益を出しているからです。

つまり、インク革命製互換インクが安いというよりも、純正インクが高すぎるということになります。

インク革命.comの印刷品質

純正インクと比較してもほとんど違いが分かりませんね。

インク革命.comでは、経年劣化を確認するため原料を1〜2年保存しテストを実施したり、定期的な品質チェック・比較テストを行うなど印刷結果品質に重きを置いているので安心して使用していただけます。

まとめ

毎回印刷で消耗されるインクやトナーはコスト削減の余地があります。

少しでも安く純正インクに近い品質でたくさん印刷をしたい方は互換インクを検討してみてください。

また、インク革命では法人向けサービスをご用意しており、幅広い業界の企業様に導入していただいております。

「印刷コストを削減したい」「請求書払いがいいんだけど…?」とお悩みの方、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

365日当日発送!コスト削減!インク革命の高品質インク購入はこちら

この記事をSNSで共有する

 
期間限定企画★

インク革命.COMで使える

秘密のクーポンプレゼント!

有効期限:8月31日(水)まで

※クーポンを獲得するにはログインが必要です。 会員登録は、メールアドレスとパスワードのみで簡単に行えます。

まずはインク革命.COMを見てみる
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002

カンタンお買い物ガイド

お支払い方法について詳しくはこちら
クレジットカード 手数料0

下記のカード会社をご利用いただくことができます。

利用可能なクレジットカード
PayPay支払い 手数料0

PayPayを利用してお支払いが可能です。
くわしくはこちらのページをご覧ください。

キャリア決済 手数料0

下記のキャリアをご利用いただくことができます。

対応キャリア
Amazonペイメント 手数料0

Amazonにご登録の情報を利用してお支払が可能です。くわしくはこちらのページをご覧ください。

コンビニ決済 手数料220
3,500円以上で0円

下記のコンビニをご利用いただくことができます。支払確認後の発送となります。

コンビニ一覧
後払い決済 手数料220

商品到着後、コンビニエンスストア・⾦融機関で後払いできる決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発⾏から14日以内にお支払ください。

代金引換 手数料440
5,000円以上で0円

商品お届けの際に配送ドライバーに代金をお支払いいただく方法で送料の他に代引手数料がかかります。

銀行振込 手数料お客様負担
負担額は銀行による

振り込み先金融機関は下記の通りです。
PayPay銀行 すずめ支店(002)
普通 7485106 カ)シ-コネクトインクカクメイ

送料・配送について詳しくはこちら

【ネコポス|送料一律】275

【宅急便 |送料一律】550

沖縄・離島へ『宅急便』でのご配送の場合、商品代金合計に関係なく【1,320円】の送料が発生します。
『ネコポス』をご利用時は商品代金合計が4,000円未満の場合【275円】、4,000円以上の場合【送料無料】になります。

朝9時までご注文を最短当日お届け
夜7時までのご注文を最短翌日お届け
土日祝も365日、休まず出荷いたします。
配送業者はヤマト運輸となります。お届け時の日時指定は、右記の時間帯で可能です。
配達時間帯
全国配達マップ
※クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済の場合は当店で入金確認が取れた際の目安となります。
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

閉じる