インク革命.COM
高品質インクが純正の約50%OFF、19時までのご注文は本日出荷、4000円以上は送料無料
 >   > 

コンビニのネットプリントと家庭用プリンター 印刷コストはどちらがオトク?

更新日:2024-05-21
読み終わるまでの所要時間:約10分

印刷の機会がまちまちでコンビニプリントを利用している場合、印刷コストを考えてプリンターを購入した方がおトクなのか、考えたことはありませんか?

そこで今回はコンビニでプリントした場合と、家庭用プリンタ―ではどちらが印刷コストが安いのか検証してみました。

文書の印刷コストを比較!

家庭用vsコンビニ

家庭用プリンターの文書印刷コスト

※エプソンSATシリーズを使用した場合の印刷コストで比較してみます。

【EP-716A 検証】EPSON製 SAT(サツマイモ)の純正インクと互換インクの比較をしてみた」この検証からA4カラー印刷は、純正インクでは129枚、対してインク革命.COMの互換インクは161枚(モノクロは133枚)印刷できました。

SATの6色セットが2,980円(税込)なので、インク革命.COMの互換インクでの1枚あたりの印刷コストは

2,980÷161=18.5

約18.5円であるという計算になります。

SAT 6色セット
価格 2,980円(税込)
A4カラー印刷 A4モノクロ印刷
印刷可能枚数 161枚 133枚
1枚あたりの印刷コスト 約18.5円/枚 約22.4円/枚

A4カラー印刷の場合、

総コスト=1枚あたりの印刷コスト×印刷したい枚数+プリンター本体代金なので、

総コスト=18.5円×印刷したい枚数+20,280円(プリンター本体代金)となります。

※プリンター本体代金は2024年5月時点でのEP-716Aの最安値を参考にしています。(価格.COM参照)

コンビニプリントの文書印刷コスト

続いてコンビニでのプリント料金ですが、A4カラー文書の印刷コストは50円/枚、A4モノクロ文章の印刷コストは10円/枚(ファミリーマートや一部ネットプリントサービスではA4カラー印刷が60円/枚)なので、それを参考に印刷コスト代を算出してみましょう。

A4カラー印刷の場合、

総コスト=1枚あたりの印刷コスト×印刷枚数なので、

総コスト=50円×印刷枚数となり、


A4モノクロ印刷の場合、

総コスト=1枚あたりの印刷コスト×印刷枚数なので、

総コスト=10円×印刷枚数となります。

それでは、いったいどちらがお得なのでしょうか。比較してみましょう!

文章印刷コストの比較_A4カラー印刷
文章印刷コストの比較_A4モノクロ印刷

図のような結果となりました。

A4カラー印刷は印刷枚数が644枚を越えたあたりで、A4モノクロ印刷の場合は印刷枚数が735枚を超えたあたりで家庭用プリンターを購入した方がオトクになります。

印刷コスト比較のまとめ

上記で述べたように、印刷枚数が一定枚数を超えると家庭用プリンターを購入するほうがオトクなことが分かりましたね。

家庭用プリンターで年賀状やはがきを印刷すると、裏面の宛名はブラックを、表面ではカラーインクを使うので、インクの消費量が多くなります。

そこで1枚あたりの印刷コストが低い、互換インクを使った印刷をオススメします。

インクを全て純正品だとすると、1枚あたりの印刷コストが2倍以上になる場合もあるので、今回の検証結果で算出された枚数よりもかなり多く印刷しないと損になってしまうので気をつけてくださいね。

 
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
お問い合わせについて
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

LINEでお問い合わせする 
QRコード