>   > 

レーザープリンターとインクジェットプリンターの
違いを理解してプリンター選び!

更新日:2021-08-23
インクジェットとレーザープリンターの違い

家庭、会社におけるプリンター普及率は約9割と言われていて、そのうちの多くはレーザープリンターとインクジェットプリンターの2種類です。

レーザープリンターは、書類等を短時間に多くの印刷を行うことができるので、企業で使用、インクジェットプリンターは色の再現性が高く、写真の印刷に向いているのでご家庭で使用されている場合が多いです。


使う頻度や、目的によって適したプリンターを選ぶことで、より快適なプリンターライフを過ごすことができます。レーザープリンターとインクジェットプリンターのメリット、デメリットをあげて違いを理解しましょう。

レーザープリンターとは

レーザープリンター

レーザープリンターは、コンピューターから送られてきたデータを画像・イメージに組み立て、これを感光体(ドラム)という筒状の上にトナー(色を付ける粉)を噴きつけます。感光体に付いたトナーをプリンター用紙に押し付け印刷するプリンターです。

1つのトナーで印刷可能な枚数がインクジェットに比べ、3.5倍ほど多く印刷することができます。

加えて文字印刷のスピードも速いので、大量の資料を印刷することに適しています。

インクジェットプリンター
(MG7730)
レーザープリンター
(MFC-L3770CDW)
メーカー発表印刷可能枚数※1 約650枚 約2,300枚
販売価格(全色合計価格) 7,766円 34,067円
1分あたりの印刷スピード
(カラー)
約10枚 約24枚

※1 メーカー発表印刷可能枚数とは、インクカートリッジ1セットでA4カラー印刷できる枚数です。

レーザープリンターのメリット・デメリット

レーザープリンターのメリット

  • 印刷スピードが速い
  • トナーの交換回数が少ない
  • 1枚あたりの印刷コストが安い
  • 滲みにくい

レーザープリンターのデメリット

  • 解像度が低い
  • 本体サイズが大きい
  • 消費電力が多い
  • 消耗品の価格が高い(トナー、感光体)

レーザープリンターは、印刷スピードが速い、トナーの交換回数が少ない、印刷コストが安い、滲みにくいというメリットがあるので、文書印刷を大量に行なう企業に適していると言えます。

しかし、トナーや感光体といった消耗品が高額であるため、メンテナンスにかかる費用が高くなるといったデメリットがあります。また、プリンターサイズが大きいことから場所をとることもデメリットとしてあげられます。

インクジェットプリンターとは

インクジェットプリンター

インクジェットプリンターは、粒子化したインクを用紙に直接噴きつけて印刷をするプリンターです。

解像度がレーザープリンターに比べ4倍ほど高いので、色味の再現性が高く写真印刷に適しています。

インクジェットプリンターのメリット・デメリット

インクジェットプリンターの
メリット

  • 高解像度
  • 本体サイズが小さい
  • 消費電力が少ない

インクジェットプリンターの
デメリット

  • 印刷スピードが遅い
  • 使う頻度が少ないとインク詰まりが起こりやすい
  • インク交換・給紙の回数が多い

インクジェットプリンターは高解像度であり、色の再現性が高いので写真印刷に適しています。加えて、プリンターサイズがコンパクトなので家で使うことに適しているといえます。一方で、インク交換や給紙の回数が多く、手間がかかるといったデメリットもあります。

まとめ

今回はインクジェットプリンターとレーザープリンターの違いについて紹介しました。
以下3点を重視したい場合は「レーザープリンター」を選びましょう。

  • 大量の文書印刷をする
  • 印刷コストを抑えたい
  • 消耗品の交換頻度をおさえたい

一方、以下の2点を重視したい場合は「インクジェットプリンター」を選びましょう。

  • キレイに写真印刷がしたい
  • 大量の文書印刷をしない

レーザープリンターとインクジェットプリンターのメリット、デメリットから違いを理解できたでしょうか?
レーザープリンターの方がインクジェットプリンターよりも本体価格が高く、トナーカートリッジも高いですが、1枚あたりの印刷コストは安くなっています。

しかしここ数年でレーザープリンターと同じくらいの印刷可能枚数で、印刷コストも安いタンク式インクジェットプリンターが登場しているので、印刷速度を重視しない方にはタンク式インクジェットプリンターもおすすめです。
タンク式インクジェットプリンターの印刷枚数、印刷コストが気になった方は下記の記事を参考にしてみてください。

一般的には、レーザープリンターは企業向き、インクジェットプリンターは家庭向きといわれていますが、自分の使い方に合ったプリンターを選ぶことが大事です。

 
期間限定企画★

インク革命.COMで使える

秘密のクーポンプレゼント!

有効期限:7月31日(日)まで

※クーポンを獲得するにはログインが必要です。 会員登録は、メールアドレスとパスワードのみで簡単に行えます。

まずはインク革命.COMを見てみる
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002

カンタンお買い物ガイド

お支払い方法について詳しくはこちら
クレジットカード 手数料0

下記のカード会社をご利用いただくことができます。

利用可能なクレジットカード
PayPay支払い 手数料0

PayPayを利用してお支払いが可能です。
くわしくはこちらのページをご覧ください。

キャリア決済 手数料0

下記のキャリアをご利用いただくことができます。

対応キャリア
Amazonペイメント 手数料0

Amazonにご登録の情報を利用してお支払が可能です。くわしくはこちらのページをご覧ください。

コンビニ決済 手数料220
3,500円以上で0円

下記のコンビニをご利用いただくことができます。支払確認後の発送となります。

コンビニ一覧
後払い決済 手数料220

商品到着後、コンビニエンスストア・⾦融機関で後払いできる決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発⾏から14日以内にお支払ください。

代金引換 手数料440
5,000円以上で0円

商品お届けの際に配送ドライバーに代金をお支払いいただく方法で送料の他に代引手数料がかかります。

銀行振込 手数料お客様負担
負担額は銀行による

振り込み先金融機関は下記の通りです。
PayPay銀行 すずめ支店(002)
普通 7485106 カ)シ-コネクトインクカクメイ

送料・配送について詳しくはこちら

【ネコポス|送料一律】275

【宅急便 |送料一律】550

沖縄・離島へ『宅急便』でのご配送の場合、商品代金合計に関係なく【1,320円】の送料が発生します。
『ネコポス』をご利用時は商品代金合計が4,000円以下の場合【275円】、4,000円以上の場合【送料無料】になります。

朝9時までご注文を最短当日お届け
夜7時までのご注文を最短翌日お届け
土日祝も365日、休まず出荷いたします。
配送業者はヤマト運輸となります。お届け時の日時指定は、右記の時間帯で可能です。
配達時間帯
全国配達マップ
※クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済の場合は当店で入金確認が取れた際の目安となります。
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.