インク革命.COM
高品質インクが純正の約50%OFF、19時までのご注文は本日出荷、4000円以上は送料無料
 >   > 

【EP-M476T 評価】2023年11月発売のEPSON製 エコタンク搭載プリンターをレビューしてみた

更新日:2023-11-20
読み終わるまでの所要時間:約10分

2023年11月16日発売のEP-M476Tを入手したので実際に使用しました。使用して思った事や機能について紹介いたします。

対応インク型番はOHA (おはじき)シリーズ

今回発売されたEP-M476Tの対応インク型番はOHA (おはじき)シリーズです。

OHA (おはじき)シリーズは同日に今回新たに発売されたインク型番です!

EP-M476Tで今回使用するインクはプリンターに同梱されているインクボトルを使用します。

エコタンク搭載モデルのプリンターに同梱されているインクボトルは販売されているインクボトルと容量が同じなので、大量に印刷しない限り追加でインクを購入する必要はなさそうです。

インク補充したら情報の更新が必要!

エコタンク搭載モデルのプリンターはインクを補充したら、必ずインク残量情報を更新する必要があります。

プリンター本体が認識するインク残量は、実際のインクタンクの液量を検知していないのでインク残量の情報を更新しないと、インクを補充しても残量表示が変わらず、印刷が途中で止まってしまう可能性があるので注意が必要です!

少し手間はありますが、インクカートリッジと比べてインクボトルの方がゴミを減らすことができるので低環境負荷で良いモデルだと思います。

元データと印刷結果を比較

実際にインクボトルを補充して文章と写真の印刷結果を元データと比較してみました。

文章印刷

文章印刷元データ比較

▲ クリックすると拡大されます

元データと比べると純正インクは全体的に少し薄く印刷される印象でした。

写真印刷

写真印刷元データ比較

▲ クリックすると拡大されます

こちらは元データと比べ純正インクは赤の表現が強く、黄色の表現がオレンジっぽく見える印象です。

給紙は背面トレイのみ!

EP-M476Tはエントリーモデルのエコタンク搭載プリンターなので給紙カートリッジがないです。

給紙は背面トレイからしかできず、セット可能枚数が100枚までなので100枚以上印刷する際には用紙が切れたら補充をする必要があります。

まとめ

今回はEP-M476Tを使用して思った事や機能について紹介いたしました。


■対応インク型番はOHA (おはじき)シリーズ

  • エコタンク搭載モデルのプリンターはインクボトル
  • 同梱されているインクボトルは販売されているインクボトルと容量が同じ

■インク補充したら情報の更新が必要!

  • インクを補充したら、必ずインク残量情報を更新する必要がある
  • 残量の情報を更新しないと、印刷が途中で止まってしまう可能性がある

■元データと印刷結果を比較すると…

  • 文章印刷は全体的に少し薄く印刷される
  • 写真印刷は赤の表現が強く、黄色の表現がオレンジっぽく見える

■給紙は背面トレイのみ!

  • 給紙は背面トレイのみで、セット可能枚数が100枚まで


インク革命.COMでは新たに発売された「EP-M476T」対応のOHA (おはじき)シリーズ 互換インクボトルの開発を進めております。

ちなみに、開発中のインクはOHA-4MP (ブラックのみ顔料4色マルチパック)が税込 2,480 円で純正より51%お得です!

発売時期をいち早く知りたい方は下記ページで「販売開始お知らせメール」に登録していただくことをおすすめします。

OHA(おはじき)シリーズの「販売開始お知らせメール」の登録はこちらから!
 
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
お問い合わせについて
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

LINEでお問い合わせする 
QRコード