インク革命.COM
よくあるQ&Aはこちら
 >   > 

2021年度を振り返って
”ペーパーレス化”は現状どうなっているのか。
インク革命.COMがペーパーレス化の実態調査を実施!


SDGsの一環として国からもペーパーレス化が推進されている昨今、実際に企業ではペーパーレス化が進んでいるのか、5万700社の企業を対象にインク革命.COMがアンケート調査を行いました。

ペーパーレス化の必要性を感じている企業は57.1%占めているものの、実際には27.6%の企業でしかペーパーレス化が実施されていないことが判明。

ペーパーレス化によって資料の保管場所に困らなかったり、印刷コストがかからない等の利点もありますが、セキュリティ上安心なイメージから、まだまだ紙印刷を要する場面も多く、突然印刷が必要なときに備品が足りなくて困ってしまう機会が多いこともわかりました。

2021年度に社内でペーパーレスの推進が実施されたのはわずか27.6%

2021年度に社内でペーパーレスの推進がされていたのはわずか27.6%

推進されてはいるものの、実感できるほど浸透させるのはやはり難しいようです。

どんな時にペーパーレス化が進んでいると感じるかについては以下の通りなので、このあたりのペーパーレス化を更に強化することで、実感してくれる人も増えそうです。

  • 資料が紙ではなくデータ共有が多くなった 33.30%
  • 諸々の申請がweb上で完結できるようになった 27.80%
  • コピー・印刷する機会が減った 22.20%
  • 郵便物が減った 16.70%

資料の保管場所に困らないというのがメリットと感じている44.7%

資料の保管場所に困らないというのがメリットと感じている44.7%

ペーパレス化の最大のメリットは資料の保管場所に困らないと感じている方が大半でした。
印刷する機会が減ったことで備品の経費削減にもなっているようです。

反対にデメリットや不便に感じているところもあります。

  • セキュリティの心配 (32.6%)
  • 慣れない作業が増えたことで作業効率が落ちた (25.6%)
  • ペーパーレス化できない契約書などを急に用意する際に備品が足りないことがある (16.3%)
  • コミュニケーションの機会が減った(9.3%)
  • ペーパーレス化のための新しいシステムを導入したことで初期費用が発生した (7%)
  • ID/PWの押し間違いでかえってログインに手間取ることがあります。(サービス業)
  • いつもの書庫に保管がなく、流し読みができなくなった。(印刷業)
  • 社内でペーパーレスが進んでいないため、印刷をしなければならない。(小売業)
  • 確認にいちいちデータいくつも開くので効率が悪いこともあり、結果プリントアウトすることになる。(デザイン会社)
  • 見返す必要があるものや、操作 指示 重要事項など手元に残しておかなければいけないものは結局プリントアウトするので、始めから紙で送って欲しい。(製造業)

「ペーパーレス化は必要だと思う」が57.1%

「ペーパーレス化は必要だと思う」が57.1%

良いところも、不便に感じるところもあるペーパーレス化ですが、必要と感じている方のほうが多い結果となりました。

セキュリティについて心配に思っている方もいますが、ペーパーレス化することによりアクセス権限や閲覧権限の設定が可能で、不正な持ち出しや文書の改ざんといったリスクコントロールも可能なのでメリットのほうが大きいかもしれません。

社内以外で今後もっとペーパーレス化を進めるべきと思う場所では「役所」が43.9%

役所にペーパーレス化をもっと求める方が43.9%と多数いました。
確かに役所に行くと記入する書類が多数置いてあり、使用している紙が多い印象です。

また、ペーパーレス化が進み、システムで多様な手続きが可能になると利便性も上がりそうです。

役所以外にはこんな場所もありました。
銀行(9.8%)・学校(7.3%)・会社(4.9%)

回答いただいた企業様の業種

回答いただいた企業様の業種

今回アンケートにお答えいただいた企業様の業種は様々です。
アンケートの回答内容も業種によって同じ回答の傾向等もありませんでした。
業種問わず社内でペーパーレス化推進を強化することでさらに浸透することが見込まれます。

まとめ

今回のアンケートからペーパーレス化は必要だけど、浸透はまだまだしていないということがわかりました。

今日からペーパーレス化を始めよう!と思っても急に全てをペーパーレスにすることは難しく、紙印刷が必要不可欠なものもあります。 対応できるところから徐々にペーパーレス化を進め、企業イメージの刷新や経費削減による収益性の改善、 多用な働き方に対応可能な環境に整えながらペーパーレス化を推進してみてはいかがでしょうか。

インク革命.COMの互換インクを使用すれば、印刷コストを削減しつつペーパレス化を進められます。

また姉妹サービスのプリント革命では必要に応じてプリンターを安価でリースできるので、プリンターのランニングコストの削減にもお役立て可能です。 必要不可欠な印刷時には、印刷コストを削減できるサービスを利用し、ペーパーレス化を進めてみましょう。

インク革命.COM

インク革命.COMは
高品質なプリンター用互換インク、リサイクルインクを
純正品の約50%OFFで販売している専門店です。
年中無休で夜7時までのご注文であれば
最短で翌日には届くので突然インクが切れて困っている方にもおすすめです!

https://ink-revolution.com/

インク革命LINE公式アカウントを友だち追加する
 
期間限定企画★

インク革命.COMで使える

秘密のクーポンプレゼント!

有効期限:5月31日(火)まで

※クーポンを獲得するにはログインが必要です。 会員登録は、メールアドレスとパスワードのみで簡単に行えます。

まずはインク革命.COMを見てみる

カンタンお買い物ガイド

お支払い方法について詳しくはこちら
クレジットカード 手数料0

下記のカード会社をご利用いただくことができます。

利用可能なクレジットカード
PayPay支払い 手数料0

PayPayを利用してお支払いが可能です。
くわしくはこちらのページをご覧ください。

キャリア決済 手数料0

下記のキャリアをご利用いただくことができます。

対応キャリア
Amazonペイメント 手数料0

Amazonにご登録の情報を利用してお支払が可能です。くわしくはこちらのページをご覧ください。

コンビニ決済 手数料220
3,500円以上で0円

下記のコンビニをご利用いただくことができます。支払確認後の発送となります。

コンビニ一覧
後払い決済 手数料220

商品到着後、コンビニエンスストア・⾦融機関で後払いできる決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発⾏から14日以内にお支払ください。

代金引換 手数料440
5,000円以上で0円

商品お届けの際に配送ドライバーに代金をお支払いいただく方法で送料の他に代引手数料がかかります。

銀行振込 手数料お客様負担
負担額は銀行による

振り込み先金融機関は下記の通りです。
PayPay銀行 すずめ支店(002)
普通 7485106 カ)シ-コネクトインクカクメイ

送料・配送について詳しくはこちら

【ネコポス|送料一律】275

【宅急便 |送料一律】550

沖縄・離島へ『宅急便』でのご配送の場合、商品代金合計に関係なく【1,320円】の送料が発生します。
『ネコポス』をご利用時は商品代金合計が4,000円以下の場合【275円】、4,000円以上の場合【送料無料】になります。

朝9時までご注文を最短当日お届け
夜7時までのご注文を最短翌日お届け
土日祝も365日、休まず出荷いたします。
配送業者はヤマト運輸となります。お届け時の日時指定は、右記の時間帯で可能です。
配達時間帯
全国配達マップ
※クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済の場合は当店で入金確認が取れた際の目安となります。
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

閉じる