>   > 

Brother MFC-J738DNプリンターが
印刷できるようになるまで!

更新日:2021-08-16
読み終わるまでの所要時間:約10分

この記事では、Brother MFC-J738DNプリンターを使った基本的な印刷方法を手順に沿って、分かりやすく解説しています。

はじめに

プリンターのセットアップを行います。
セットアップの手順は、以下の8ステップになります。

  1. プリンターの付属品を確認する
  2. 受話器、受話器台を取り付ける
  3. 用紙をセットする
  4. プリンターの電源を入れる
    電源プラグをコンセントに差すと自動で電源が入ります。
  5. 日付と時刻を設定する
  6. インクをセットする
  7. インクカートリッジについているオレンジ色の保護材は、捨てずに保管しておきましょう。プリンターを輸送する時に一旦インクを取り外しますが、その際保護するために使用します。
  8. 子機の準備をする
    子機にバッテリーを装着し、充電します。充電が完了したら日付・時刻の設定を行います。

プリンターとデバイスを接続する

パソコンと接続する

ノートパソコン
  1. 付属のCD-ROMをパソコンにセットし、画面の指示に従ってドライバーとソフトウェアをダウンロードします。
    ※brotherのサイトからもドライバーとソフトウェアをダウンロードすることができます。
    https://support.brother.co.jp/j/b/midlink_productcategory.aspx?c=jp&lang=ja&site=pc&type3=11&orgc=jp&orglang=ja&targetpage=18
  2. 【製品カテゴリーを選ぶ】→【インクジェット・複合機】→【MFC-J】→【MFC-J3×××××】→【MFC-J738DN】の順に進めます。
  3. 画面の指示に従って進めます。

無線LAN接続(Wi-Fi)

ルーターなどを介さず、無線Wi-Fiで直接パソコンと接続することができます。

  1. 初めに、プリンターの設定を行います。
    ホーム画面のメニューボタン→【全てのメニュー】→【ネットワーク】→【Wi-Fi Direct】→【グループオーナー】をオン→画面をスクロールして【手動接続】を選びます。
  2. 画面にプリンターのSSIDとPASS(ネットワークキー)が表示されるので、手元にメモしておきます(パソコンの設定時に使用します。)
  3. 次に、パソコンの設定を行います。
    【スタート】→【コントロールパネル】→【ネットワークとインターネット】→【ネットワークに接続】→表示されたSSIDの一覧から先ほどメモしたプリンターのSSIDを選択→セキュリティキーのところにPASS(ネットワークキー)を入力します。
  4. 画面に表示されたOKをクリックすれば完了です。

有線LAN接続

USBケーブルを使って直接パソコンと接続することもできます。

プリンターとパソコンのUSBポートにそれぞれケーブルを接続し、プリンターの電源を入れます。(プリンター側の接続口は内部にあります。)
これでUSBケーブルを使った接続は完了です。

スマートフォンと接続する

ルーターなどを介して、無線Wi-Fiでパソコンと接続する場合の手順は以下のようになります。(※作業する前に、使用しているSPのSSIDとネットワークキーをあらかじめ調べてメモしておきましょう)

  1. ホーム画面の【Wi-Fi】→【無線接続ウィザード】→【はい】→SPのSSIDを選択→ネットワークキー(セキュリティーキー)を入力します。
  2. 画面に「接続しました」と表示されれば完了です。

不具合の解消方法

エラー

認識しない

パソコン上でプリンターがオフラインと表示されて印刷できなくなった場合、以下の5つの項目を確認してみましょう。

  • プリンター、パソコンをそれぞれ再起動してみる
  • プリンタードライバーの設定を確認
  • プリンターとの接続状況を確認
    ⇒パソコンと正しく接続されているか、ケーブルは正しくつながっているか確認します。
  • ネットワークプリンター診断修復ツールを使用する(無線LAN接続の場合)
    ⇒ネットワークに問題がある場合、正しいIPアドレスを自動的に設定し直して修復することができます。

※印刷に失敗したデータが残っていたり、プリンタードライバーがオフラインや一時停止になっている場合は削除してください。

インクが出ない

印刷品質チェックシートを印刷して確認します。

  1. メニュー画面の【インク】ボタンを押します。
  2. 【印刷品質のチェックと改善-かすれ、スジ、ずれの改善】をタップし、【印刷品質のチェックと改善-かすれ、白スジの改善】の順に進めます。
  3. A4用紙をセットします。
  4. チェックシートが印刷されたら、操作パネル上にあるホームボタンを押します。
  5. シートを確認して、インクが出ていない箇所があれば続けてヘッドクリーニングを行います。
  6. メニュー画面の【インク】ボタン→【ヘッドクリーニング】→クリーニングの色を選択→【強力】を選択します。
  7. 再度シートを出力して確認し、正常に印刷されていれば完了です。

まとめ

今回はキヤノンの『MFC-J738DN』が印刷できるまでの手順をご紹介しました。

プリンターで印刷する際、まずは以下の手順を行ってください。

  1. プリンターのセットアップ
  2. Wi-Fiへの接続

これで印刷ができる状態になりました。

また、インクカートリッジが認識されない場合やインクが出ないなどのエラーが発生した場合は以下の対処法を行ってください。


■インクカートリッジが認識しない場合

  • プリンター、パソコンをそれぞれ再起動してみる
  • プリンタードライバーの設定を確認
  • プリンターとの接続状況を確認


■インクが出ない場合

  • 印刷品質のチェックと改善で印刷結果を確認し、ヘッドクリーニングを行ってください


インク革命.COMの互換インクは価格が純正品の半額なのに対し、品質も純正に劣らない品質で印刷することができます。

さらに、関東・関西圏内のお客様は朝9時までにご注文いただくと、当日中にお手元へお届けいたします。

また、アフターサポート、保証などのサービスも含め、高品質な商品を適正な価格で販売させていただいております。

その他にも気になることがあればお気軽にお問い合わせください。


 
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002

カンタンお買い物ガイド

お支払い方法について詳しくはこちら
クレジットカード 手数料0

下記のカード会社をご利用いただくことができます。

利用可能なクレジットカード
PayPay支払い 手数料0

PayPayを利用してお支払いが可能です。
くわしくはこちらのページをご覧ください。

キャリア決済 手数料0

下記のキャリアをご利用いただくことができます。

対応キャリア
Amazonペイメント 手数料0

Amazonにご登録の情報を利用してお支払が可能です。くわしくはこちらのページをご覧ください。

コンビニ決済 手数料220
3,500円以上で0円

下記のコンビニをご利用いただくことができます。支払確認後の発送となります。

コンビニ一覧
後払い決済 手数料220

商品到着後、コンビニエンスストア・⾦融機関で後払いできる決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発⾏から14日以内にお支払ください。

代金引換 手数料440
5,000円以上で0円

商品お届けの際に配送ドライバーに代金をお支払いいただく方法で送料の他に代引手数料がかかります。

銀行振込 手数料お客様負担
負担額は銀行による

振り込み先金融機関は下記の通りです。
PayPay銀行 すずめ支店(002)
普通 7485106 カ)シ-コネクトインクカクメイ

送料・配送について詳しくはこちら

【ネコポス|送料一律】275

【宅急便 |送料一律】550

沖縄・離島へ『宅急便』でのご配送の場合、商品代金合計に関係なく【1,320円】の送料が発生します。
『ネコポス』をご利用時は商品代金合計が4,000円以下の場合【275円】、4,000円以上の場合【送料無料】になります。

朝9時までご注文を最短当日お届け
夜7時までのご注文を最短翌日お届け
土日祝も365日、休まず出荷いたします。
配送業者はヤマト運輸となります。お届け時の日時指定は、右記の時間帯で可能です。
配達時間帯
全国配達マップ
※クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済の場合は当店で入金確認が取れた際の目安となります。
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

閉じる