>   > 

【人事必見】研修資料を純正品で印刷?経費の使い方間違っています!

更新日:2019-06-07

どんな会社に入社しても必ず1度は経験する研修。
そんな研修の際に、会社に関してのキレイな研修資料が配布されます。
キレイな資料でないといけない理由として、入社された社員に対して細かく丁寧に説明するためだという理由が含まれます。
しかし、その資料は多くの社員に配布するので大量に印刷する必要があります。中には”片面印刷にするはずだったのに両面印刷にしてしまったので印刷し直す”なんてことはプリンターによっては十分にあり得る話です。
このようにただでさえ大量に印刷する研修資料には、かなりのコストが掛かっています。

研修資料を純正品で印刷するのはもったいない!

冒頭でも書いたとおりキレイな資料を大量に印刷するのはコストが非常に高くつきます。
そこで「インクを互換性にしてみようかな...でも互換製品は...」と思っている方、互換製品でも純正に近い品質のインクもあることをご存知でしょうか?

まずはどれだけ品質に違いが出るのかを比較してみます。

文章03

これを見ていただければわかると思いますが、ほとんど違いはありません。
互換製品だからといって良いものではないというイメージは取れたのではないかと思います。

価格に関して、先に結論から言うと、インクにかかるコストは50%以上のコストが削減できます。

コスト削減事例

多く印刷していればしているほど、コスト削減額は大きくなります。

「互換製品が純正品の品質と遜色ないのは分かったけど、値段はどうなの?」と気になさる方のためにも次に純正品と互換製品の価格を比較します。

また、貴社の印刷コストはどのくらいでしょうか?まずは研修時にどのくらいの枚数を印刷するのか想定してみることをオススメします。
次の価格を比較した表を使って仮に3,000枚印刷したとして計算してみます。

インクジェットプリンターの場合

インクジェットプリンター インクの価格 印刷可能枚数 1枚あたりのコスト
KUI-6CL-L(6色セット 大容量)エプソン[EPSON]用互換インクカートリッジ 純正インク 7,916円 514枚 14.0円
インク革命インク 3,200円
(60%OFF)
516枚 6.2円

純正インクの場合、
14.0円(1枚あたりのコスト)× 3,000枚 = 42,000円

インク革命の互換インクの場合、
6.2円(1枚あたりのコスト)× 3,000枚 = 18,600円

インク革命の互換インクを使用すれば、純正インクの約56%のコスト削減につながります。

レーザープリンター(カラー)の場合

レーザープリンター(カラー) カラートナー トナーの価格 印刷可能枚数 1枚あたりのコスト
CRG-046HC(大容量シアン・マゼンタ・イエロー)キヤノン[Canon]互換トナーカートリッジ 純正トナー 23,220円 5000枚 4.6円
インク革命トナー 10,800円
(53%OFF)
5000枚 2.1円

純正カラートナーの場合、
4.6円(1枚あたりのコスト) × 3,000枚 = 13,800円

インク革命の互換カラートナーの場合、
2.1円(1枚あたりのコスト) × 3,000枚 = 6,300円

レーザープリンター(モノクロ)の場合

レーザープリンター(モノクロ) モノクロトナー トナーの価格 印刷可能枚数 1枚あたりのコスト
LPA4ETC7(ブラック)エプソン[EPSON]リサイクルトナーカートリッジ 純正トナー 11,000円 3,000枚 3.7円
インク革命トナー 5,300円
(52%OFF)
3,000枚 1.8円

純正モノクロトナーの場合、
3.7円(1枚あたりのコスト) × 3,000枚 = 11,100円

インク革命の互換モノクロトナーの場合、
1.8円(1枚あたりのコスト) × 3,000枚 = 5,400円

インク革命の互換トナーを使用すれば、カラーは約55%、モノクロは約52%のコスト削減になります。
レーザープリンターで比較した場合でも、インクジェットプリンターと同様にインク革命の互換インク・トナーであれば印刷にかかるコストは50%以上のコスト削減につながります。

上記は3,000枚で計算していますが、仮に3,000枚以上の場合でも印刷に関してどれだけコスト削減ができるのかがイメージしやすくなったのではないかと思います。

大量印刷に向いているプリンターをご存知ですか?

どれだけコスト削減ができるのかイメージできたところで、さらにコスト削減につながる手段があります。
研修資料などモノクロ印刷で十分な資料を大量印刷する場合に向いている”レーザープリンター”を使用することです。
「大量印刷をするなら大型複合プリンターを使用すれば良い」と思う方もいるかもしれません。
しかし、実は大型複合プリンターはメリットよりもデメリットの方が多いです。

メリット デメリット
寿命が長い 初期費用が高額
印刷スピードが速い 初期費用以外にも導入コストがかかる
2年目以降は出費が少ない 固定資産税がかかる
会社の所有物なので、中古品として譲渡が可能 設置に十分なスペースが必要
故障時のコストが高額
故障時は複合機が使えなくなる

機種にもよりますが、総コピー枚数は約300万枚、耐用年数は5年とされており、寿命は長いです。なので長期的に利用できるという点ではメリットになります。

しかし、大型複合プリンターは本体代金も高額な上、別途設置料金が必要になったりと、当然ながら初期費用が高くつきます。
また、会議などで大量に印刷する必要がある、十分な設置スペースが確保できる、資金繰りに余裕がある等でないと大型複合プリンターはオススメできません。

さらに、1つの機能が故障してしまうと部分的に買い替えができないので、高額な修理費を負担することになります。
一方で、家庭用プリンターは大型複合プリンターのリスクやデメリットをすべて回避しています。
また、レーザープリンターはインクジェットプリンターと比べ、1枚あたりの印刷コストが安いので資料を大量に印刷する時にオススメです。実際のプリンターで比較した表で見てみます。

純正品 印刷可能枚数 1枚あたりの印刷コスト
インクジェットプリンター
(EP-880)
約514枚 14.0円
レーザープリンター
(Satera-LBP251)
約6,400枚 約3.7円

※自社調べ

インクジェットプリンターを使ってモノクロ印刷をすると1枚あたりの印刷コストが約14.0円だったのが、レーザープリンターを使えば1枚あたりの印刷コストが約3.7円になり、約4分の1までグンと下げることができます。

また、大量印刷に向いている理由はこれだけではありません。
1枚あたりの印刷コストが安価なだけではなく、その印刷スピードも速いことが挙げられます。

ファーストプリント※1 印刷スピード
インクジェットプリンター
(EP-880)※2
A4:約26秒/枚 A4:約7枚/分
レーザープリンター
(LBP251)
A4:6秒/枚 A4:30枚/分

※1 A4片面印刷の場合。プリンターがデータを受信し始めてから1枚目の排紙が完了するまでの時間。出力環境によって異なる場合があります。

※2 自社調べ

この表のとおりインクジェットプリンターは1分間に約7枚に対して、レーザープリンターはなんと1分間に30枚印刷できることが分かっています。
インクジェットプリンターとレーザープリンターでは1分間に約23枚の差があります。
この差を知らずにインクジェットプリンターを使い続けていると、レーザープリンターで30枚印刷する間に、3分30秒ものロスタイムを発生させることになってしまいます。

またよく見ていただきたいのがファーストプリントです。ファーストプリントとは1枚目が印刷されるまでの時間です。その差は20秒。レーザープリンターの方が圧倒的に最初の動き出しが速いです。

その上で、研修資料を大量印刷する場合、印刷すればするほどその効果はハッキリとわかります。

大量印刷+インク革命の互換トナーは相性抜群

大量印刷にはレーザープリンターが向いていることを知っていただいた上で、さらに印刷コストを抑えるためにはインク革命の互換トナーをオススメします。

結論から言うと、インク革命の互換トナーにすると1枚あたりにかかる印刷コストは半額以下になります。

先ほど表で比較したプリンターを使って今度はインク革命の製品を使用した場合の1枚あたりのかかる印刷コストを見てみます。

インク革命製品 印刷可能枚数 1枚あたりの印刷コスト
インクジェットプリンター
(EP-880)
約516枚 約6.2円
レーザープリンター
(Satera-LBP251)
約6,400枚 約1.6円

インクジェットプリンターの1枚あたりの印刷コストも半額になっていますが、特に大量印刷に向いているレーザープリンター、半額はもちろんのこと約1.6円と非常に安くなっています。
このことから、大量印刷 + レーザープリンター + インク革命製互換トナーの組み合わせが印刷コストにおいて最適だと言えます。

まとめ

ここまでで研修資料などキレイな上に、大量印刷をしなければならない場合、インクジェットプリンターよりもレーザープリンターの方が、大幅にコスト削減できることがおわかりいただけたと思います。
特に、大量印刷 + 良品質 + モノクロ印刷の条件が揃っていれば、レーザープリンター + インク革命製互換トナーの組み合わせが印刷コストを削減することにおいて最適だと断言できます。

インク革命では、あなたの会社に最適なプリンターを提案し、コスト削減のお手伝いができます。
その他にも気になることがあればお気軽にお問い合わせ下さい。


 
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002

カンタンお買い物ガイド

お支払い方法について詳しくはこちら
クレジットカード 手数料0

下記のカード会社をご利用いただくことができます。

利用可能なクレジットカード
PayPay支払い 手数料0

PayPayを利用してお支払いが可能です。
くわしくはこちらのページをご覧ください。

キャリア決済 手数料0

下記のキャリアをご利用いただくことができます。

対応キャリア
Amazonペイメント 手数料0

Amazonにご登録の情報を利用してお支払が可能です。くわしくはこちらのページをご覧ください。

コンビニ決済 手数料220
3,500円以上で0円

下記のコンビニをご利用いただくことができます。支払確認後の発送となります。

コンビニ一覧
後払い決済 手数料220

商品到着後、コンビニエンスストア・⾦融機関で後払いできる決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発⾏から14日以内にお支払ください。

代金引換 手数料440
5,000円以上で0円

商品お届けの際に配送ドライバーに代金をお支払いいただく方法で送料の他に代引手数料がかかります。

銀行振込 手数料お客様負担
負担額は銀行による

振り込み先金融機関は下記の通りです。
PayPay銀行 すずめ支店(002)
普通 7485106 カ)シ-コネクトインクカクメイ

送料・配送について詳しくはこちら

【ネコポス|送料一律】275

【宅急便 |送料一律】550

沖縄・離島へ『宅急便』でのご配送の場合、商品代金合計に関係なく【1,320円】の送料が発生します。
『ネコポス』をご利用時は商品代金合計が4,000円以下の場合【275円】、4,000円以上の場合【送料無料】になります。

朝9時までご注文を最短当日お届け
夜7時までのご注文を最短翌日お届け
土日祝も365日、休まず出荷いたします。
配送業者はヤマト運輸となります。お届け時の日時指定は、右記の時間帯で可能です。
配達時間帯
全国配達マップ
※クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済の場合は当店で入金確認が取れた際の目安となります。
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

閉じる