>   > 

【総務担当者向け】会社に最新プリンターは必要か?!本当にお得なのは...

更新日:2019-06-07

年々様々なプリンターが続々と販売されています。すべてのプリンターが高機能で見栄えが魅力的なものも多いですが、本当にプリンターのスペックは上がっているのでしょうか。
結論から言うと、ここ最近のプリンターでは大きな変更はございません。

多くの企業様が最新のプリンターを購入しがちですが、そのプリンターは本当にあなたの会社に必要でしょうか?具体的な例を出して解説させていただきます。

必要なスペックを知ることがコスト削減への第一ステップ

先ほどもお伝えした通り、最新プリンターを購入すれば問題ないだろうとお考えの方が多くいらっしゃいます。ですが、本当にコスト削減を考えているのであれば会社内での印刷状況を把握すること、その上で必要なスペック(印刷、コピー、スキャンなどなど)を判断する必要があります。

★コスト削減に繋がるプリンター選びのチェックリスト

  • 印刷の他にコピー、スキャンは必要か
  • カラー印刷は必要か
  • 写真印刷を行なうか
  • A3印刷を行なうか
  • 互換インク・トナーが発売されているか

実は上記5つのチェックリストを確認するだけで、あなたの会社の印刷コストをグッと下げることができます。
例えば御社が社内印刷向け資料用にプリンターが欲しいとします。コピー・スキャンが必要ない、モノクロ印刷のみ、写真印刷はしない、A3印刷はしない、互換インク・トナーが発売されているプリンターで絞ったとしましょう。

その場合、ブラザーから発売されている【HL-L2360DN】をオススメできます。2018年4月現在で1万円を切る価格で購入することができ、インク革命.COMでは互換トナーを取り扱っています。モノクロ印刷1枚あたりなんと約1.39円、省エネモードを使用すると0.97円に。なんと1円を下回る印刷コストを実現することも可能です!

最新プリンターを購入しなくても型落ちで十分?!

結論から言うと、型落ちのプリンターで十分です!その裏付けになる情報をご紹介します。
以下の表は、EPSONから発売されている人気インクジェットプリンターEP-879A(2016年発売)とEP-880A(2017年発売)のスペックの比較になります。

1年経過しているのにも関わらずスペックはそれほど変わっていないことが分かるのではないでしょうか。

プリンター選びの基準や、最新と1年前のプリンターのスペックを比較しても新品を購入しなくてもよいことが言えます。
多少スペックが変化したとしても、プリンター選びの基準をクリアしておけば型落ちでも十分です。

基本スペックの比較

発売から半年間の価格推移(価格.COMより引用)

EP-879A発売当初価格

発売から1年間の価格推移(価格.COMより引用)

EP-879A半年後の価格

実際にEP-879Aは発売当初から半年経つだけで約1万円もの減額がされています!
そして1年経つと半額以下になります…。
スペックや機能に大きな変化がない限り、型落ちしたプリンターの方がオススメだと言えます。

最新プリンターを購入してもコストは削減できない?!

勘の良いみなさんであればお気づきかもしれません。
最新プリンターには新型のインク・トナーシリーズが対応しており、互換インク・トナーの開発が間に合わず純正品しか使用できない期間が約半年ほど続きます。最新プリンターは必然的に純正インク・トナーを使わざるを得ないことになり、印刷コストが多く掛かってしまいます。
ここでもやはり最新のプリンターが必ずしも良いわけではないことが言えます。それでは具体的に印刷コストを最大限に削減する方法をご紹介いたします。

型落ちプリンターと互換インク・トナーを組み合わせれば印刷コスト削減に効果的!!

先ほどから述べている互換インク・トナーは実際どれだけコストが抑えられるのかを具体的な数値を表して紹介します。(インク革命.COMで販売している価格の場合)

純正インクとインク革命製互換インクの場合、

EPSON純正インク インク革命互換インク 純正との価格差
KUI-6CL-L
エプソン互換インクカートリッジ
¥15,832 ¥5,980 ¥9,852
(純正比62%OFF)

純正トナーとインク革命製互換トナーの場合、

EPSON純正インク インク革命互換インク 純正との価格差
TN-27J
ブラザー互換トナーカートリッジ
¥6,500 ¥3,250 ¥3,250
(純正比50%OFF)

※どちらも税込み価格です

この表を見ていただくとインク革命製互換インク・トナーがどれだけコスト削減に貢献しているかがわかります。純正品と比べて50%以上もの割引された価格で販売されています。

インク革命であればどの会社にも最適なプリンターの提案や、コスト削減のお手伝いができます!

当店ではお客様の現状を把握するためインク・トナーをご提供するだけではなく、お客様ごとに合った最適なプリンターを提案いたします。さらに、プリンターの選定だけでなく、印刷コストの削減、業務効率化といった課題に対して印刷を通して総合的に解決いたします。

またその都度、

  • お客様が目指している最終的なビジョン
  • 目標としている数値 (具体的な印刷コスト)
  • 現在の印刷状況、印刷ルール、社内環境

など、お客様のニーズにお答えできるようにヒアリングを行なわせていただきます。

2009年の創業より一般法人・医療・学校関係者様を中心に70,000社を超えるお取り引きさせて頂いています。蓄積されたノウハウにより的確な提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

PDFイメージ

インク革命.COM「印刷コスト削減のご提案」(PDF:19ページ|約2.2MB)

メールでのお問い合わせ

受付時間 年中無休(土日祝日の返信は翌営業日以降)

お電話でのお問い合わせ

0120-761-109

受付時間 10:00〜18:00(土日祝日は除く)


 
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002

カンタンお買い物ガイド

お支払い方法について詳しくはこちら
クレジットカード 手数料0

下記のカード会社をご利用いただくことができます。

利用可能なクレジットカード
PayPay支払い 手数料0

PayPayを利用してお支払いが可能です。
くわしくはこちらのページをご覧ください。

キャリア決済 手数料0

下記のキャリアをご利用いただくことができます。

対応キャリア
Amazonペイメント 手数料0

Amazonにご登録の情報を利用してお支払が可能です。くわしくはこちらのページをご覧ください。

コンビニ決済 手数料220
3,500円以上で0円

下記のコンビニをご利用いただくことができます。支払確認後の発送となります。

コンビニ一覧
後払い決済 手数料220

商品到着後、コンビニエンスストア・⾦融機関で後払いできる決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発⾏から14日以内にお支払ください。

代金引換 手数料440
5,000円以上で0円

商品お届けの際に配送ドライバーに代金をお支払いいただく方法で送料の他に代引手数料がかかります。

銀行振込 手数料お客様負担
負担額は銀行による

振り込み先金融機関は下記の通りです。
PayPay銀行 すずめ支店(002)
普通 7485106 カ)シ-コネクトインクカクメイ

送料・配送について詳しくはこちら

【ネコポス|送料一律】275

【宅急便 |送料一律】550

沖縄・離島へ『宅急便』でのご配送の場合、商品代金合計に関係なく【1,320円】の送料が発生します。
『ネコポス』をご利用時は商品代金合計が4,000円以下の場合【275円】、4,000円以上の場合【送料無料】になります。

朝9時までご注文を最短当日お届け
夜7時までのご注文を最短翌日お届け
土日祝も365日、休まず出荷いたします。
配送業者はヤマト運輸となります。お届け時の日時指定は、右記の時間帯で可能です。
配達時間帯
全国配達マップ
※クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済の場合は当店で入金確認が取れた際の目安となります。
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

閉じる