>   > 

社内印刷と社外用の資料の印刷は使い分けるべき

更新日:2019-06-07

みなさん!社内で作成した資料と社外に企画書や提案書などの資料では印刷の使い分けの基準は設けていますか?

社内で資料を印刷する場合と、社外に提出する資料を印刷する場合では意味合いが異なってきますよね?
例えば、社内での会議用に人数分の資料を印刷する場合、気を付けるべき点としてはどれだけ印刷のコストを削減できるのかだと思います。

一方で社外での印刷は相手がお得意様なので見やすさや、綺麗さを重視すべきところではないかと思っています。

もちろん印刷コストを削減するだけが目的なら

  • プリンター買い替える
  • 細いフォントを使う
  • フォントを小さくする
  • インクを使用しない
  • 印刷物の代わりにタブレットを使用する

という手段もありますが、この中でもプリンターを買い替えるというのは初期投資が非常に高くついてしまいますよね?

まず、純正インクを使用しているのであれば互換インクに切り替えることをお勧めします!また、印刷自体はカラーよりも、モノクロで印刷した方が断然安いことが分かっています。
その中でも社内外印刷コストを今よりも削減したい場合はインク革命の商品を試してみてはどうでしょうか?

QCDの観点から考察

QCDというのは以下の3つの要素から成り立ちます。この3つの要素を改善することで企業の改善活動に大きな効果があると言われています。

  • Quality(品質)
  • Cost(コスト)
  • Delivery(納期)

それでは早速QCDの観点から考察してみましょう!

Quality(品質)

当店インク革命.COMの互換インクは純正品と遜色ない品質になっています。以下の写真をクリックすると拡大できます。

インクの比較

インクの比較

結果として文字にはあまり違いは見られませんでしたが、写真印刷において、他社互換インクメーカーは色が薄くなっていたりと違いが出ました。

このように色を含め印刷結果の品質に差が出たのは、純正インク、互換インクメーカーによってそれぞれ中身のインク成分が異なるからです。

さらに、印刷結果に満足できなかった初回のお客様のみ対象となる全額返金保証という制度があります。

また、当店にて購入された保証対象商品のインク・プリンターは1年間保証されており、返品交換することができます!

ちなみに純正インクとインク革命の互換インクを併用しても問題はないですが、互換インク同士で併用するのはプリンタートラブルの原因にもなります。
なお、万が一トラブルが起きた際は専任のオペレーターが親切に対応させていただきます。

Cost(コスト)

結論から言うと、50%ほどの経費削減が可能です。

これは、高価な純正インク(プリンターメーカーのオリジナル品)ではなく、安価な互換インク(互換性のあるサードパーティ製のインク)を使用することで実現できます!

コスト削減事例

多く印刷をしていればしているほど、その削減額は大きくなります。

自社の印刷コストはどのくらいでしょうか?まずは月額や年間のインクコスト(純正インクの発注金額)を確認してみることをお勧めします。

その金額が、月間・年間単位で半額になるとしたら…どれくらいの経費が削減できるかの具体的な金額を把握することができます。

しかし、これだけ安いと不安になることがあると思います。
なぜ安いのかというと、プリンターメーカーのビジネスモデルに歪みがあるからです。

プリンターメーカーはプリンター本体を安価に販売する一方で、消耗品であるインク代を高値で設定することで利益を出しています。

つまり、互換インクが安いというよりも純正のインクが高すぎるということになります。

当店では、メーカーから直接仕入れ、提供することで、純正に限りなく近い品質の互換インクを適正な価格でお取り扱いしています。

Delivery(納期)

インク革命.COMのホームページにもあるように365日、毎日19時までの注文であれば即日出荷しています。
お急ぎ便を選ばれたなら関東圏・関西圏であれば翌日の午前中までにはお届けが可能です。また、朝9時までの注文は当日お届けできます!

そして特典として、商品代金合計4000円以上お買い上げのお客様には送料無料があります。5000円以上だと代引き手数料も無料でお届けします!

以上、QCDの観点から当店の商品やサービスを紹介しました。

まとめ

互換インクの優れている部分ばかり述べてきましたが、インク屋の当店がそればかり言っても説得力に欠ける部分があると思います。

もちろん純正インクと比較したときに劣る点もあります。それは「色味の長期保存」です。この点については純正インクにはかないません。互換インクの場合、印刷後数年が経つと色あせてしまいます。

そのため、用途に応じてインクの使い分けがおススメなのです!
長期的に張っておくポスターなどは純正インクを使用し、長期では保存を想定していない資料などの回転率の多いものに関しては互換インクでも問題はありません。

社外用資料を印刷する場合は、品質の高いインクジェットプリンターが特にオススメ!

インクジェットプリンターは、粒子化したインクをプリンター用紙に直接吹き付けて印刷するプリンターです。
解像度はレーザープリンターに比べて4倍ほど高いので、色味の再現性が高く、写真印刷等に適しています。

インクジェットプリンターのメリット

  • 高解像度
  • 本体サイズが小さい
  • 消費電力が少ない

インクジェットプリンターのデメリット

  • 印刷スピードが遅い
  • 使う頻度が少ないとインク詰まりが起こりやすい
  • インク交換・給紙の回数が多い

インクジェットプリンターは上記の通り高解像度であり、色の再現性が高いので写真印刷、資料における図などには最適です。加えてプリンターサイズがコンパクトなので設置場所には困ることはありません。

一方で、インク交換や給紙の回数が多く、手間がかかるといったデメリットもあります。
しかし、社外用の資料なのでお客様優先で見えやすさなどを重視すべき点だと言えるのでここで述べているメリットにはかないません。

PDFイメージ

インク革命.COM「印刷コスト削減のご提案」(PDF:19ページ|約2.2MB)

メールでのお問い合わせ

受付時間 年中無休(土日祝日の返信は翌営業日以降)

お電話でのお問い合わせ

0120-761-109

受付時間 10:00〜18:00(土日祝日は除く)


 
期間限定企画★

インク革命.COMで使える

秘密のクーポンプレゼント!

有効期限:7月31日(日)まで

※クーポンを獲得するにはログインが必要です。 会員登録は、メールアドレスとパスワードのみで簡単に行えます。

まずはインク革命.COMを見てみる
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002

カンタンお買い物ガイド

お支払い方法について詳しくはこちら
クレジットカード 手数料0

下記のカード会社をご利用いただくことができます。

利用可能なクレジットカード
PayPay支払い 手数料0

PayPayを利用してお支払いが可能です。
くわしくはこちらのページをご覧ください。

キャリア決済 手数料0

下記のキャリアをご利用いただくことができます。

対応キャリア
Amazonペイメント 手数料0

Amazonにご登録の情報を利用してお支払が可能です。くわしくはこちらのページをご覧ください。

コンビニ決済 手数料220
3,500円以上で0円

下記のコンビニをご利用いただくことができます。支払確認後の発送となります。

コンビニ一覧
後払い決済 手数料220

商品到着後、コンビニエンスストア・⾦融機関で後払いできる決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発⾏から14日以内にお支払ください。

代金引換 手数料440
5,000円以上で0円

商品お届けの際に配送ドライバーに代金をお支払いいただく方法で送料の他に代引手数料がかかります。

銀行振込 手数料お客様負担
負担額は銀行による

振り込み先金融機関は下記の通りです。
PayPay銀行 すずめ支店(002)
普通 7485106 カ)シ-コネクトインクカクメイ

送料・配送について詳しくはこちら

【ネコポス|送料一律】275

【宅急便 |送料一律】550

沖縄・離島へ『宅急便』でのご配送の場合、商品代金合計に関係なく【1,320円】の送料が発生します。
『ネコポス』をご利用時は商品代金合計が4,000円以下の場合【275円】、4,000円以上の場合【送料無料】になります。

朝9時までご注文を最短当日お届け
夜7時までのご注文を最短翌日お届け
土日祝も365日、休まず出荷いたします。
配送業者はヤマト運輸となります。お届け時の日時指定は、右記の時間帯で可能です。
配達時間帯
全国配達マップ
※クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済の場合は当店で入金確認が取れた際の目安となります。
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.