>   > 

年賀状作成ってどうすれば安く収まる?

更新日:2022-02-21
読み終わるまでの所要時間:約10分

■BCI-381+380の商品一覧はこちら

毎年年賀状を作るのって正直面倒ですよね?

自分の家で作る場合、手間が掛かれば、時間もコストも掛かってしまいます。

「ネットプリントに頼もうかなぁ」なんて思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、ネットプリントに頼んでもそれなりにコストは掛かります。

そこで今回は自作とネットプリントのメリット・デメリットをご紹介します。

また、自作の場合どうしたら1番低コストで作成できるのかも併せてご紹介します!

自作と外注どっちが安い?メリット・デメリットをご紹介

まずはネットプリントサービスと自宅作成の比較をしていきます。

結論から言うと自宅で年賀状を作成した方が安く収まります。

100枚印刷した場合 基本料金 年賀はがき 消費税 合計
A社 9,750円 5,800円 975円 16,525円
B社 7,689円 6,300円 768円 14,757円
自作 2,130円 6,300円 - 8,430円

※自作の基本料金は使用するプリンターによって異なります
※今回は、はがき1枚あたりのコストをL判フチなしのコストと同じ値段で計算しています

【自作年賀状の計算方法】

年賀状に掛かるコスト = (1枚あたりにかかる印刷コスト + 年賀はがき代)×100枚

A社、B社は1万円を超えていますが、通常価格で記載しています。早期割引期間に注文した場合、表中の基本料金より10%~60%前後の割引率が適用されます。

どちらも60%割引をした場合でも自作の方が安く収まります。

A社は投函代行や宛名印刷を無料でやってくれるので、作成にかかる時間や労力を考えるとネットプリントサービスの方が面倒なく送ることができます。

そこで、ネットプリントサービスのメリット・デメリットを考えてみました。

メリット

  • 高品質なプロの仕上がり
  • 会社によっては印刷枚数が多いほど
    安くなる可能性がある
  • 会社によっては宛名印刷から投函代行まで対応してくれる
  • 早期割引期間中に依頼すれば10%~60%割引

デメリット

  • 自作より割高
  • 会社によってはデザインやテンプレートの自由度が低い
  • 宛名印刷を自宅でする場合
    厚みのある高品質な年賀状を使用しているため、家庭用プリンターでは印刷できない可能性もある
  • 会社によってはお店に受け取りに行かなければならない

ネットプリントサービスは、年賀状作成が面倒だと思う方や品質にこだわりがある方向け、
一方で年賀状の掛かるコストやデザインにこだわりがある方は自作の方が良いという印象です。

また、最近のインクジェットプリンターでも高品質な仕上がりで年賀状を作成できるので、面倒だと思わない方は自作をオススメします。

さらにコストを抑える方法

先ほどコストを抑えるにはネットプリントサービスより、自作の方が安く収まるとご紹介しました。

しかし、「100以上印刷したいけど、コストを1万円以内に抑えたい」「失敗して何枚も印刷してしまった」なんて方もいるのではないでしょうか?

そんな方の為に、インク革命製互換インクによってコストを抑える方法をご紹介します。

インク革命製互換インクの使用で低コスト化!

BCI-381+380 純正インク インク革命製互換インク 割引率
大容量6色セット 11,363円 4,180円 63%
大容量5色セット 9,449円 3,580円 62%

Canonから発売されているBCI-381+380シリーズを例に出すとこのような表になります。

インク革命製互換インクは純正インクの62%~63%もオトクです。

先ほども行った試算を次は純正インクと当店のインクでコスト差を比較してみます。

100枚印刷した場合 基本料金 年賀はがき 合計
純正インク 2,130円 6,300円 8,430円
インク革命製
互換インク
830円 6,300円 7,130円

純正インクから当店の互換インクに変更するだけで約1,000円もコストダウンします。

年末年始は出費が大きいので、抑えられるなら抑えておきたいところですね!

インク革命製互換インクの品質は?

いくら価格が純正の半分以下と言っても品質が悪ければ、購入の余地すらありません。

当店の良い所は印刷コストも安ければ、品質も純正類似率90%以上で高品質だということです。

実際に純正インクで印刷したものと当店のインクで印刷したものを比較してみます。

▲クリックして拡大

これを見て分かる通り、ほとんど品質に差はありません。

私自身この画像を編集していて、「どっちがインク革命でどっちが純正だったっけ?」と迷いました。

そのぐらい高品質だということが分かってもらえたのではないでしょうか?

この品質で印刷コストが抑えられるならインク革命製互換インクで決まりですね!

まとめ

今回は年賀状作成での費用の抑え方をご紹介しました。

自作とネットプリントサービスを比較したとき、自作の方が安く年賀状を作成できます。

さらに、費用を抑えたい方にはインク革命の互換インクがオススメです!

インク革命の互換インクであれば、純正インクの半分の価格で購入することができます。
品質も純正類似率90%以上を誇っているので、安心してお使いいただけます!

この機会にインク革命の互換インクを試してみてはいかがですか?


 
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002

カンタンお買い物ガイド

お支払い方法について詳しくはこちら
クレジットカード 手数料0

下記のカード会社をご利用いただくことができます。

利用可能なクレジットカード
PayPay支払い 手数料0

PayPayを利用してお支払いが可能です。
くわしくはこちらのページをご覧ください。

キャリア決済 手数料0

下記のキャリアをご利用いただくことができます。

対応キャリア
Amazonペイメント 手数料0

Amazonにご登録の情報を利用してお支払が可能です。くわしくはこちらのページをご覧ください。

コンビニ決済 手数料220
3,500円以上で0円

下記のコンビニをご利用いただくことができます。支払確認後の発送となります。

コンビニ一覧
後払い決済 手数料220

商品到着後、コンビニエンスストア・⾦融機関で後払いできる決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発⾏から14日以内にお支払ください。

代金引換 手数料440
5,000円以上で0円

商品お届けの際に配送ドライバーに代金をお支払いいただく方法で送料の他に代引手数料がかかります。

銀行振込 手数料お客様負担
負担額は銀行による

振り込み先金融機関は下記の通りです。
PayPay銀行 すずめ支店(002)
普通 7485106 カ)シ-コネクトインクカクメイ

送料・配送について詳しくはこちら

【ネコポス|送料一律】275

【宅急便 |送料一律】550

沖縄・離島へ『宅急便』でのご配送の場合、商品代金合計に関係なく【1,320円】の送料が発生します。
『ネコポス』をご利用時は商品代金合計が4,000円以下の場合【275円】、4,000円以上の場合【送料無料】になります。

朝9時までご注文を最短当日お届け
夜7時までのご注文を最短翌日お届け
土日祝も365日、休まず出荷いたします。
配送業者はヤマト運輸となります。お届け時の日時指定は、右記の時間帯で可能です。
配達時間帯
全国配達マップ
※クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済の場合は当店で入金確認が取れた際の目安となります。
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

閉じる