【デザイン会社向け】印刷代に注目!?純正インクと互換インクを比較

更新日:2019-06-07

デザイン イラスト

試作段階で何枚も印刷しますよね?

その試作段階でインクを非常に消費し、インク代がとんでもないことになったことはありませんか?

原因は恐らく純正インクを使っているからです。

ここではインク代を抑えつつ、品質を落とさない互換インクを紹介します。

2種類のインクの特徴を再確認!

ここではインクの種類、主な特徴について解説します。

純正インクの特徴といえば、やはり色の再現性が高いことですよね?

しかしそれだけではありません!

インクの種類によって特徴が変わるので紹介します。

インクは再現性が難しい写真印刷はもちろんのこと、画像やカラーの方がわかりやすい資料、また社外向けの提案資料などはインクを使用して印刷した方が相手によりわかりやすく伝わる可能性が高いです。

またインクの中にも2種類に分かれており、顔料インクと染料インクがあります。

顔料インクは、インクの粒子が大きく、プリンターの表面にくっついて印刷されます。

顔料インク 図

そのため、

①色の安定が早い

②耐水性・耐光性・耐オゾン性に優れている(光や水に強い)

③滲みが少ない

④濃くハッキリと印刷される

などの特徴を持っています。

文字の印刷では顔料インクをオススメしています。

染料インクと顔料インクの差

比較画像を見ていただくと、顔料インクで印刷した文章の方が、ハッキリ、鮮明に映し出されています。

会社などで資料や精算書など様々なものを印刷すると思います。

印刷された用紙に触ると、インクが手につくことがありますが、それは顔料インクを使用したことによって起きます。

顔料インクは紙の表面に付着し、中まで染みこまないため、乾くのが遅いというデメリットがあります。

染料インクは、インクが紙の内部まで浸透して印刷されます。

そのため、インク同士がなじみやすいので、グラデーションが綺麗に再現できるのが特徴です。

染料インク 図

そのため、デメリットとしては水や光には弱いです。

染料インクは写真印刷にオススメです。

純正インク 染料

上の画像を見ていただくと、染料インクで印刷した写真はクリアな発色になっていることが分かります。

染料インクは耐水性や耐光性など、顔料インクに劣りますが保存方法によってカバーすることができるので、写真印刷には染料インクが非常にオススメです。

また、純正インクでは顔料インクを採用しているインク型番でも、互換インクでは、コスト削減のため染料インクで販売しているケースがあります。

顔料インクよりも粒子の大きさが小さいので、顔料インクを採用しているプリンターに染料インクを使用しても問題はありません。

※互換インクメーカーの品質によって影響がある場合もございます。

互換インクと染料インクの違いのイメージはこちらです。

染料インクと顔料インクのイメージ画

各メーカーの特徴・用途別プリンターの選び方としては以下のようなものが挙げられます。

EPSON

  • 写真印刷が強い
  • 顔料インクのみの機種(PXシリーズ)か、染料インクのみの機種(EPシリーズ)
  • DVDなどのレーベル印刷が簡単

Canon

  • メンテナンスが簡単
  • シールや名刺など、いろいろな用紙を印刷する人にオススメ(全機種)
  • 顔料ブラック採用なので、写真と文書の両方を印刷したい人にオススメ

brother

  • FAV付きの複合機ならbrotherがオススメ
  • ネットワーク機能が安い機種でも充実
  • 印刷コストが抑えられる

hp

  • 黒インクだけでも印刷可能
  • 持ち運べる複合機がある
  • 急なインク切れにも対応可能

純正インクに負けず劣らずのインク革命製互換インク!

ここまででインクの特徴やメーカーごとの傾向について再確認できたと思います。

インク代を抑えるためには、インク革命製互換インクを使用することで50%以上ものコストが削減できます。

インクジェットプリンター コスト削減事例

この効果は多く印刷していればしているほど、削減額は大きくなります。

また、「本当に?」と思われる方のために、実際のプリンターを例にどれだけコスト削減につながっているのかを見ていきます。

また、併せて1枚あたりの印刷コストがどのくらいの掛かっているのかも比較して見てみます。

インクジェットプリンター インクの価格 印刷可能枚数 1枚あたりのコスト
KUI-6CL-L(6色セット 大容量)エプソン[EPSON]用互換インクカートリッジ 純正インク 7,916円 514枚 14.0円
インク革命インク 3,200円 516枚 6.2円

このようにインク革命では、純正インクの50%以下の価格で販売させていただいています。

しかし、品質が劣っては話になりません。

次にインク革命製互換インクの品質を各社の互換インクと比較してみます。

インク革命の印刷結果は他店の互換インクと比較して、純正インクとほとんど変わらない品質だとお分かりいただけたと思います。

これなら、わざわざ高価な純正インクを購入しなくてもインク革命製互換インクで代替できます。

まとめ

純正インクから互換インクに変えることで、確実にコスト削減へつながります。

また、品質が変わらずに価格だけが下がっているので、試作段階でも気にせず印刷することができます。

インク革命では、あなたの会社に最適なプリンター、インク、トナーを提案し、コスト削減のお手伝いができます。

また、アフターサポート、保証や配送スピードなどのサービスも含め、高品質な商品を適正な価格で販売させていただいています。

その他にも気になることがあればお気軽にお問い合わせください。


 
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002

カンタンお買い物ガイド

お支払い方法について詳しくはこちら
クレジットカード 手数料0

下記のカード会社をご利用いただくことができます。

利用可能なクレジットカード
PayPay支払い 手数料0

PayPayを利用してお支払いが可能です。
くわしくはこちらのページをご覧ください。

キャリア決済 手数料0

下記のキャリアをご利用いただくことができます。

対応キャリア
Amazonペイメント 手数料0

Amazonにご登録の情報を利用してお支払が可能です。くわしくはこちらのページをご覧ください。

コンビニ決済 手数料220
3,500円以上で0円

下記のコンビニをご利用いただくことができます。支払確認後の発送となります。

コンビニ一覧
後払い決済 手数料220

商品到着後、コンビニエンスストア・⾦融機関で後払いできる決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発⾏から14日以内にお支払ください。

代金引換 手数料440
5,000円以上で0円

商品お届けの際に配送ドライバーに代金をお支払いいただく方法で送料の他に代引手数料がかかります。

銀行振込 手数料お客様負担
負担額は銀行による

振り込み先金融機関は下記の通りです。
PayPay銀行 すずめ支店(002)
普通 7485106 カ)シ-コネクトインクカクメイ

送料・配送について詳しくはこちら

【ネコポス|送料一律】275

【宅急便 |送料一律】550

沖縄・離島へ『宅急便』でのご配送の場合、商品代金合計に関係なく【1,320円】の送料が発生します。
『ネコポス』をご利用時は商品代金合計が4,000円以下の場合【275円】、4,000円以上の場合【送料無料】になります。

朝9時までご注文を最短当日お届け
夜7時までのご注文を最短翌日お届け
土日祝も365日、休まず出荷いたします。
配送業者はヤマト運輸となります。お届け時の日時指定は、右記の時間帯で可能です。
配達時間帯
全国配達マップ
※クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済の場合は当店で入金確認が取れた際の目安となります。
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

閉じる