【総務担当者向け】自社の印刷コストを再確認して経費削減へ

更新日:2019-06-07

コスト見直し イラスト

経費の中でも「印刷コスト」は軽視しがちだと思います。

プリンターを使用する際、1枚の印刷に掛かるコストがどのくらいなのか、その目安は知っておきたいところですよね?

そのために、1ヵ月に何枚印刷しているのかを把握する必要があります。ここでは自社の印刷コストを再度把握し、経費削減へどう繋げられるのかを解説していきます。

印刷コストの計算方法と試算

1枚の印刷に掛かるコストを計算するには下記の計算方法を用います。

インクorトナー ÷ 印刷枚数 = 1枚の印刷に掛かるコスト

となります。

シンプルな計算ですが、シンプルだからこそ軽視しがちなのです。

これを把握しておくのと、していないのでは経費を大きく左右します。

次に表の価格を使い、1ヵ月に3,000枚印刷すると仮定し、

この計算式を使ってそれぞれのプリンターで試算してみます。

インクジェットプリンター(純正)の場合

インクジェットプリンター インクの価格 印刷可能枚数 1枚あたりのコスト
KUI-6CL-L(6色セット 大容量)エプソン[EPSON]インクカートリッジ 7,916円 514枚 14.0円

14.0円(1枚あたりのコスト) × 3,000枚/月 = 42,000円/月

モノクロレーザープリンター(純正)の場合

レーザープリンター(モノクロ) トナーの価格 印刷可能枚数 1枚あたりのコスト
LPA4ETC7(ブラック)エプソン[EPSON] 11,000円 3,000枚 3.7円

3.7円(1枚あたりのコスト) × 3,000枚/月 = 11,100円/月

カラーレーザープリンター(純正)の場合

レーザープリンター(カラー) トナーの価格 印刷可能枚数 1枚あたりのコスト
CRG-046HC(大容量シアン・マゼンタ・イエロー)キヤノン[Canon] 23,220円 5,000枚 4.6円

4.6円(1枚あたりのコスト) × 3,000枚/月 = 13,800円/月

以上のようになります。

自社での1枚あたりのコストが大体どのくらい掛かっているのかがイメージできたと思います。

これを1つの目安として活用していただければ幸いです。

経費削減へ

表を見て1枚あたりのコストが安いのか高いのかはイメージしづらいところではあると思います。

純正インクの価格を他の液体と比較してみたところ、ドンペリよりも高いという結果も出ています。いかに品質の良い「純正品」と言えど、これではあまりに高すぎるのではないかと考え、不用意に印刷できないと考える方もいるのではないでしょうか。

そこで、インク革命製互換インクであれば純正品の半額以下で購入することができます。

つまり50%以上の経費削減が可能になるということです。

コスト削減事例

多く印刷していればしているほど、コスト削減額は大きくなります。

しかし、いきなり「50%以上のコスト削減ができる」と言われても、「なんで?」「大丈夫なの?」と不安や心配に駆られる方もいるかと思います。

なぜこんなにも安く抑えられるのか?

それは、プリンターメーカーが、プリンター本体を安価に販売する一方で、消耗品であるインク代を高値で設定することで利益を出しているからです。

なのでインク革命製互換インクが安いというよりも、純正インクが高すぎるということになります。

どのくらいコスト削減できるのか純正品とインク革命製互換インクで比較しながら、先ほどと同じ条件で試算していきます。

  • インクジェットプリンター
インクジェットプリンター インクの価格 印刷可能枚数 1枚あたりのコスト
KUI-6CL-L(6色セット 大容量)エプソン[EPSON]用インク革命製互換インクカートリッジ 純正インク 7,916円 514枚 14.0円
インク革命インク 3,200円 516枚 6.2円

インク革命の互換インクを使用した場合

6.2円(1枚あたりのコスト) × 3,000枚/月 = 18,600円/月

インク革命の互換インクを使用すれば、純正インクの約56%のコスト削減に繋がります。

  • レーザープリンター(モノクロ)
レーザープリンター(モノクロ) モノクロトナー トナーの価格 印刷可能枚数 1枚あたりのコスト
LPA4ETC7(ブラック)エプソン[EPSON]リサイクルトナーカートリッジ 純正トナー 11,000円 3,000枚 3.7円
インク革命製トナー 5,300円 3,000枚 1.8円

インク革命の互換モノクロトナーを使用した場合

1.8円(1枚あたりのコスト) × 3,000枚/月 = 5,400円/月

  • レーザープリンター(カラー)
レーザープリンター(カラー) カラートナー トナーの価格 印刷可能枚数 1枚あたりのコスト
CRG-046HC(大容量シアン・マゼンタ・イエロー)キヤノン[Canon]互換トナーカートリッジ 純正トナー 23,220円 5000枚 4.6円
インク革命製トナー 10,800円 5000枚 2.1円

インク革命の互換カラートナーを使用した場合

2.1円(1枚あたりのコスト) × 3,000枚/月 = 6,300円/月

インク革命の互換トナーを使用すれば、カラーは約55%、モノクロは約52%のコスト削減になります。

このようにレーザープリンターで比較した場合でも、インクジェットプリンターと同様にインク革命の互換インク・トナーであれば印刷に掛かるコストは50%以上の削減に繋がるのです。

まとめ

今回の試算では1ヵ月毎に3,000枚印刷するという仮定のもとで行っていますが、仮に3,000枚以上の場合でも印刷に関してどれだけのコスト削減に繋がるのかがイメージしやすくなったのではないでしょうか?

インク革命では、あなたの会社に最適なプリンター、インク、トナーを提案し、コスト削減のお手伝いができます。

また、アフターサポート、保証や配送スピードなどのサービスも含め、高品質な商品を適正な価格で販売させていただいております。

その他にも気になることがあればお気軽にお問い合わせください。


 
期間限定企画★

インク革命.COMで使える

秘密のクーポンプレゼント!

有効期限:7月31日(日)まで

※クーポンを獲得するにはログインが必要です。 会員登録は、メールアドレスとパスワードのみで簡単に行えます。

まずはインク革命.COMを見てみる
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002

カンタンお買い物ガイド

お支払い方法について詳しくはこちら
クレジットカード 手数料0

下記のカード会社をご利用いただくことができます。

利用可能なクレジットカード
PayPay支払い 手数料0

PayPayを利用してお支払いが可能です。
くわしくはこちらのページをご覧ください。

キャリア決済 手数料0

下記のキャリアをご利用いただくことができます。

対応キャリア
Amazonペイメント 手数料0

Amazonにご登録の情報を利用してお支払が可能です。くわしくはこちらのページをご覧ください。

コンビニ決済 手数料220
3,500円以上で0円

下記のコンビニをご利用いただくことができます。支払確認後の発送となります。

コンビニ一覧
後払い決済 手数料220

商品到着後、コンビニエンスストア・⾦融機関で後払いできる決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発⾏から14日以内にお支払ください。

代金引換 手数料440
5,000円以上で0円

商品お届けの際に配送ドライバーに代金をお支払いいただく方法で送料の他に代引手数料がかかります。

銀行振込 手数料お客様負担
負担額は銀行による

振り込み先金融機関は下記の通りです。
PayPay銀行 すずめ支店(002)
普通 7485106 カ)シ-コネクトインクカクメイ

送料・配送について詳しくはこちら

【ネコポス|送料一律】275

【宅急便 |送料一律】550

沖縄・離島へ『宅急便』でのご配送の場合、商品代金合計に関係なく【1,320円】の送料が発生します。
『ネコポス』をご利用時は商品代金合計が4,000円以下の場合【275円】、4,000円以上の場合【送料無料】になります。

朝9時までご注文を最短当日お届け
夜7時までのご注文を最短翌日お届け
土日祝も365日、休まず出荷いたします。
配送業者はヤマト運輸となります。お届け時の日時指定は、右記の時間帯で可能です。
配達時間帯
全国配達マップ
※クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済・キャリア決済の場合は当店で入金確認が取れた際の目安となります。
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.