インク残量検知機能をリセットする方法

インク残量検知機能のリセット方法です。

 

インク残量検知機能とは?

インク残量検知機能とはその言葉の通り、インクの残量を検知する機能のことです。

では、プリンターは一体どこでインクの残量を検知しているかというと、このICチップなのです。

inkzanryou4

※ICチップが付いていないカートリッジの場合は、他の部分でインク残量を検知しています。

リサイクルインクカートリッジの場合、「インクがない」と記憶されているICチップを再利用するので、インクが入っているリサイクルカートリッジをプリンタにセットしても「インクがありません」、「インクがすくなくなってきています」などのエラーメッセージが出てくることがあります。

エラーが出るタイミングは様々です。

セットしてすぐに「インクが少なくなってきています」とでたり、数十枚印刷した後に「インクがありません」と出てきたりします。数十枚印刷しただけで「インクがありません」ってエラーメッセージが出てきたら…びっくりしますよね!

プリンターによっては、このようなエラーメッセージが出ると印刷が出来なくなってしまうのですが残量検知機能をリセットすれば、ご使用頂けます(*´ー`*)

※リサイクルインクカートリッジってなぁに?

 

残量検知機能のリセット方法を教えて

では、CanonのMP493のプリンターを使って残量検知機能のリセット方法をご案内致します。

inkzanryou1

 

使用インクは、BC-311+BC-310シリーズです。

 

inkzannryou6

BC311(カラー)のカートリッジをセットしたら…

inkzanryou3
早速エラーメッセージが出てきました。

inkzanyou1

エラーコード:U162

「インクがなくなっている可能性があります。インクの交換をお勧めします」

inkzanyou2

エラーが出ているインクは、交換したカラーの方ですね。

 

ここで、「ストップ」ボタンを5秒以上押してみます!

inkzanryou3

すると「処理中です」という画面にかわり・・・

inkzanryou4

「印刷しています」と、プリンターが動きました(*゚ ∇ ゚ )

inkzanryou5

カラーのインクの部分がグレーになっているのは、残量検知機能が無効になっているからです。このようにして、インク残量検知機能をリセットします◎

5秒以上押すボタンは、「OK」、「リセット」または「ストップ」ボタンですヽ(*´∀`)ノ

プリンターによって異なりますので、詳細はご使用のプリンターの取扱い説明書をご覧くださいませ。

インク残量をリセットした場合のインク交換目安

インク交換するのは、「インクがありません」というメッセージが出たらですよね。

その機能を無効にしてしまったら、迷うのはインク交換時期!

無効にしてしまったら当然、インク残量がわかりませんからね…(・-・`*

そんな時は、印刷物をみて判断しましょう!印刷物が擦れてきたら、インクがなくなって来たんだな、ということで交換してください◎

カラーとブラック、どっちが擦れているのか判断に迷ったら、「パターン印刷」を出してみましょう(*・_・*)ゞ

※プリンターによってパターン印刷は「ノズルチェック」とも表現されます◎

 

インクカートリッジをさがす トナーカートリッジをさがす

インクカートリッジをさがす

ページトップ

トナーカートリッジをさがす

ページトップ