GW配送スケジュール
インク革命.COM
0120-761-109
08時間37分以内のご注文で東京都には本日お届け
 >   > 

経費削減は消耗品費から!互換インクで印刷コストを削減しよう

作成日: 更新日:2016-03-16
あなたの会社に最適なプリンターは?

経費削減にお悩みでしょうか?

「経費」と一口に言っても、事務経費・消耗品費・福利厚生費・研修教育費・旅費・出張費・交通費…など、「~費」とつくものはたくさん。多すぎて、どこから削減すべきかの判断は難しいところですよね。

この記事では「消耗品費」、とりわけ印刷コストの削減方法を、プリンターインクの専門家がお教えします。

■この記事の対象読者

インクジェットプリンターで純正インクを使用している、経費削減をお考えの方。

レーザープリンター等をご使用の方は、レーザープリンターとインクジェットプリンターの比較記事をご覧ください。

■目次

  • どれくらい経費削減できるの?
  • なぜ安いの?
  • 互換インクって大丈夫?
  • 互換インクVS純正インク
  • 社内で話を通すために

どれくらい経費削減できるか

まずはここが気になるところかと思います。

結論から言うと、50%ほどの経費削減が可能です。

これは、高価な純正インク(プリンターメーカーのオリジナル品)ではなく、安価な互換インク(互換性のあるサードパーティ製のインク)を使用することで実現ができます。

多く印刷をしていればしているほど、その削減額は大きくなります。

御社の印刷コストはどのくらいでしょうか?まずは、月間や年間の印刷コスト(純正インクの発注金額)を確認してみることをおすすめします。

その金額が、月間・年間単位で半額になるとしたら…どれくらいの経費が削減できるかの具体的な金額を把握することができます。

純正インクの発注金額を確かめてみよう

なぜ安いの?

しかし、いきなり「50%ほどの経費削減ができる」と聞いても、「なんで?」「本当?」「大丈夫なの?」と不安に感じるところがあるかと思います。

なぜ安いのか?それは、プリンターメーカーのビジネスモデルに歪みがあるからです。

プリンターメーカーは、プリンター本体を安価に販売する一方で、消耗品であるインク代を高値で設定することで利益をだしています。

つまり、互換インクが安いというよりも、純正インクが高すぎるということになります。

純正インクの価格を他の液体と比較してみたところ、ドンペリより高いという驚くべき結果もでています。

当店では、メーカーから直接仕入れ、提供することで、純正に限りなく近い品質の互換インクを適正な価格でお取扱いしております

互換インクって大丈夫?

互換インクと一口に言っても、1本100円の粗悪品から価格が純正に近いものまでさまざまです。ここでは、純正インクと当店の互換インク、他店の互換インクを比較します。

【写真の印刷結果】

【文字の印刷結果】

( 画像はクリックで拡大表示できます。)

インク革命の印刷結果が純正に非常に近い色合いになっていることがご確認いただけるかと思います。 また他社の互換インクと比較しても、その差は歴然です。

もし本当に安さ「だけ」を求めるのであれば、他に安売りをしている店舗さんは多く存在します。

当店では、アフターサポート、保証や配送スピードなどのサービスも含め、高品質な商品を適正な価格で販売させていただいております。

互換インク VS 純正インク

互換インクの優れている部分ばかり述べてきましたが、インク屋の当店がそればかり言っても説得力に欠ける部分があると思います。

もちろん、純正インクと比較したときに劣る点もあります。それは「色味の長期保存」です。

この点については、純正インクにはかないません。互換インクの場合、印刷後数年が経つと色あせてしまいます。

そのため、用途に応じてのインクの使い分けることがおすすめです

例えば、壁に長期的に張っておく、企業理念やチームのルールなどがカラーで記載された紙を印刷したいのであれば、純正インクのほうを使用する。逆に、長期的に保存を想定しない資料や、キャンペーン用ポスターなど回転率の多いものなどは、互換インクでも問題ございません。

社内で話を通すために

互換インクで経費を削減できることが分かっても、発注物を自分一人の判断で変更することはむずかしい、というかたも多いかと思います。

当店の商品特長やサービスの詳細を記載した提案用PDF(19ページ|約2.2MB)もございますので、こちらを是非ご活用ください。

また、法人のお客様向けに、当店の紹介ページもご用意しております。

併せてこちらもご覧ください。

 
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

プリンター洗浄液

エプソンプリンター洗浄液 キヤノンプリンター洗浄液
消費税増税後の経費削減について
一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.