トナーの日インクの日キャンペーン
インク革命.COM
0120-761-109
09時間50分以内のご注文で東京都には明日お届け
 >   > 

印刷コスト削減を一瞬で!?すぐに試せる3つの方法+1

作成日: 更新日:2016-02-24
印刷コスト削減

プリンターのインク、結構コストがかかるものですよね? 家で印刷するときに限らず、最近では、企業でも印刷コスト削減を意識する方が増えはじめていると聞きます。 しかし、リース業者の選定やプリンターの買い替えなどは、けっこう手間がかかるもの。

そこで、この記事では、印刷コスト削減が一瞬でできる方法を3つと、 それでもダメなときの最後の手段1つをご紹介します。

1. フォントを細くする

フォントとは、書体のことです。 「フォントを細くすれば、年間数億ドルの印刷コストを削減できる。」と、政府に提言したのはなんと!14歳のアメリカの少年!との報道が、以前に話題になりました。 (出典:CNN http://www.cnn.co.jp/usa/35045853.html)

この研究結果によると、1文字あたりの面積が小さいフォントを印刷物に使用することで約24%ものコスト削減ができるそうです。

ゴシック体と明朝体

ローマ字と日本語では形が異なるとはいえ、同様の効果は見込めそうです。
Windowsをご使用の方は、「MSゴシック」よりも、「MS明朝」の使用がおすすめです。

ディスプレイ上では、「MS明朝」のほうが太く見えることもありますが、実際に印刷してみると、その太さの違いが分かるかと思います。 印刷をする際には細いフォントを選んでみてはいかがでしょうか。

2. フォントを小さくする

虫眼鏡

これも、1と同じ理由で、印刷コストを削減できます。
また、1ページ内の情報が増え、一覧性が高まるという、副次的な効果も期待できます。
ただし、やりすぎると見づらくなります。特に、印刷物を読むのが年配の方の場合は、避けたほうがよいでしょう。

小さい文字でも見やすくする工夫として、行間を文字サイズの1.5倍程度に設定すると良いでしょう。文字と文字の間が適度に広いと、小さい文字も読みやすくなります。

3. インクを使わない

タブレット端末

印刷をせずに、ペーパーレスにするという方法です。 削減どころの話ではありませんが、抜本的に解決したいのであれば検討すべきではないでしょうか。

具体的には

  • タブレットなどでPDFを閲覧
  • 情報をグループウェアや掲示板などで共有する

などが挙げられます。

実際に、弊社の物流倉庫でもタブレットを使用しています。

大事なのは、用途によって使い分けるということです。
必要なときは、遠慮せずに印刷することをお勧めします。

そうは言っても、難しいのは、紙で印刷すべきところと、そうでないところの見極めです。
まずは、何かを印刷しようと思った際に「これは印刷しないで済ませられないか?」を意識し、「これは誰のための印刷物か?」についても考える必要がありそうです。

最後の手段

とはいっても…やはり、フォントが細く小さいことで見づらくなったり、周りの人が紙の印刷物を重視している場合は、上記の3つの方法は難しいかもしれません。
筆者も以前、インクのコスト削減を意識してフォントサイズを小さくして資料を印刷したところ、年配の方に「見づらい」とお叱りを受けたことがあります。

そういった場合は、プリンターの買い替えやリース業者の検討はもちろん、インク自体の見直しを考えてみるのも選択肢のひとつです。
当店、インク革命.COMでは、純正比約50%OFFの高品質な互換インクを豊富に取り揃えています。 ぜひ、この機会にお試ししてみてはいかがでしょうか?

 
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

プリンター洗浄液

エプソンプリンター洗浄液 キヤノンプリンター洗浄液
消費税増税後の経費削減について
一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

閉じる