ダブルキャンペーン
インク革命.COM
0120-761-109
04時間07分以内のご注文で東京都には明日お届け
あなたの地域にはいつ届く?
 >   > 

純正インクと互換インクとの比較(HP編)

作成日: 更新日:2013-12-20
 

HP178・HP920の互換インクとリサイクルインクの違い

回答

HP178.HP920リサイクルインクは
新しく互換インクに生まれ変わったよ。

インク革命では、人気のHP178HP920シリーズのインクをリサイクルインクとして販売してきたけど、HP178を使う一部のHPプリンターでリサイクルインクが使用できないという声が寄せられていたので、商品の改善を行い、今後は互換インクとして販売するよ。

互換インクに変わることによってHP178、HP920シリーズは残量検知機能対応になるよ!
(インクの残量がプリンターに表示されます)

残量検知機能対応

■旧HP178リサイクルインクカートリッジ
旧HP178リサイクルインクカートリッジ

■新HP178互換インクカートリッジ
新HP178互換インクカートリッジ

■旧HP920リサイクルインクカートリッジ(ブラック)
旧HP920リサイクルインクカートリッジ(ブラック)

■新HP920互換インクカートリッジ(ブラック)
新HP920互換インクカートリッジ(ブラック)

 

HP製のインクはICチップの構造などが非常に複雑なため、互換インクの製造が困難なんだぞ。(一体型のインクなど複雑な構造のインクも多いため)
なので、これまでインク革命ではHP177シリーズなどを除いてはHPのインクほとんどがリサイクルインクだったのだ。
リサイクルインクのメリット&デメリットでも触れているが、リサイクルインクはエコではあるが回収・洗浄などの生産コストがかかるために互換インクに比べて安くない。
今回の互換インクへの切り替えによって、一部のプリンターに適合するだけではなく、インクの残量表示、安定供給とコストダウンが可能になったのだ。

現在、インク革命が互換インクで販売しているHPのインクは

 
インク塾TOPへ
 
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

プリンター洗浄液

エプソンプリンター洗浄液 キヤノンプリンター洗浄液
消費税増税後の経費削減について
一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002

ページトップへ

お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休
インク革命

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.

閉じる