プレゼントキャンペーン
インク革命.COM
よくあるQ&Aはこちら
01時間42分以内のご注文で東京都には明日お届け
 >   > 

4色インクと6色インクの違いを理解してプリンター選びをしよう

作成日: 更新日:2016-09-30

1、4色インク、6色インクとは?

(1)4色インクとは

ブラック、シアン、マゼンタ、イエローの4色で構成されるインクです。

4色のインクカートリッジが独立する独立型と、ブラック以外の3色が一体になった一体型があります。

キャノンの4色インクは一体型が多く、印刷コストがかさむ傾向にあります。ブラック以外の3色のインクカートリッジが一体化しているため、そのうち1色でもインク切れすると、3色分のインクを購入しなければならないためです。

4色インク独立型

4色インク独立型

4色インク一体型

4色インク一体型

(2)6色インクとは

下記のどちらかのパターンの6色で構成されるインクです。

  • シアン、マゼンタ、イエロー、グレー、顔料・染料のブラック
  • ブラック、シアン、マゼンタ、イエロー、ライトシアン、ライトマゼンタの場合

ほとんどの場合、各色のインクカートリッジが分かれた独立型です。

6色インク

2、4色インクと6色インクを比べてみた

キャノンのプリンターPIXUS MG3630(2015年9月発売)とMG7730(同時期発売)を比較しました。

印刷品質 A4用紙のカラー印刷コスト※1 得意分野
4色対応 MG3630 鮮やかさや明るさの再現が不得意 (キャノン純正)7.6円
(リサイクルインク※2)3.9円
文書の印刷
6色対応 MG7730 鮮やかさや明るさの再現が得意 (キャノン純正)10.4円
(互換インク※2)5.0円
カラー写真印刷
  • ※1 印刷コスト…印刷物1枚あたりの印刷費
  • ※2 印刷コスト…印刷物1枚あたりの印刷費

(1)4色インクと6色インクの印刷品質の違い

4色インク印刷

4色インク

6色インク印刷

6色インク

4色インクのプリンターは、ブラック以外の3色で色を表現しますが、6色インクはグレー・ライトシアン・ライトマゼンタなども用いています。両者に大きな違いは見られませんが、6色インクで印刷したほうがより色が明るく感じます。

(2)4色インクと6色インクはどんな人に向いているか

4色インクは…
文書を中心に印刷し、画像印刷の明るさや鮮やかさにこだわりが少ない人や印刷コストが気になる人

6色インクは…
きれいな写真や文書を印刷したい人や印刷コストを気にしない人

4色インクと6色インク、どちらに対応しているかによって機能やコストは変わります。比較をもとに、後悔のないプリンター選びをしましょう!

 
ショッピングカート

カートには何も入ってません。

購入したい商品を
「カートに追加」してください。

プリンター洗浄液

エプソンプリンター洗浄液 キヤノンプリンター洗浄液
一般財団法人日本電子商取引事業振興財団による認証
財団認証企業コード209002
お電話でのお問い合わせ
0120-761-109
受付時間 10:00~18:00
(土日祝日は除く)
メールでのお問い合わせ
受付時間 年中無休

Copyright © 2009 - インク革命.COM All Rights Reserved.