自宅のプリンターで名刺印刷をする方法

名刺交換はビジネスの最初の一歩ですから失敗したくないものです。

名刺交換はビジネスの最初の一歩ですから失敗したくないものです。

会社勤めのサラリーマンなら仕事で使用する名刺は会社で用意してもらうケースがほとんど。

一方で、自営業者やフリーランス、副業をしている場合や、趣味の名刺を持ちたい方は自分で名刺を作らなくてはなりませんね。

格安で名刺を作ってくれる印刷屋さんもありますが、自営業の方など、状況に応じて名刺を使い分けるケースもあったりすると、こまめにデザインの手直しがしにくいことから「自分で名刺印刷したほうが手っ取り早い」と自分たちで名刺印刷している方も多いですね。

最近のプリンターは印刷の仕上がりも美しいですし、名刺用のプリンター用紙もすぐに手に入るようになりました。

そこで今回はWordとプリンターを使って自宅で簡単にできる名刺作成方法を2つご紹介します。

 

「Office.com」で名刺テンプレートを読み込む

自宅で簡単にイイ名刺をつくりたいと思った時に意外と役に立つのがWordのOffice.comテンプレートです。

すでにデザインされたテンプレートが多数用意されているので、あとは必要な情報や自身の写真、何かロゴを入れたい場合はその画像を配置するだけのお手軽さ!

しかもテンプレートを使用するのに料金もかかりませんので、非常に便利ではないでしょうか。

 

簡単に使い方をご紹介しましょう。

 

①ワードを開く

②ファイル→新規作成を選択する

③「新しい文書」からオンラインの検索窓に「名刺」と入れ検索する

 

ごくごくシンプルなものながら、汎用性の高いデザインがいくつか見つかるはずです。

これをベースに、ご自分の顔写真を入れてみたり、好みの色で作成したロゴを入れるなどして特徴あるデザイン(配置)にしてみてください。

あとは名前・電話番号・メールアドレス・必要ならば住所など、あなたを特定できる情報を好みの書体・フォントサイズで入力するだけです。

 

「テンプレート提供サイト」を活用する

「ワード 名刺 テンプレート」と検索すると、名刺用テンプレートを提供しているサイトがいくつもみつかります。

Office.comテンプレートのものとは違い、カラフルでポップな物や和柄、季節を感じさせるデザインも多くあります。

こういったサイトでWord対応のテンプレートをダウンロードすればオリジナルな名刺を作成できます。

例えば「テンプレートBANK」(http://www.templatebank.com/meishi/)や、「ビズオーシャン―名刺カテゴリ」(http://www.bizocean.jp/doc/category/311/)などがあります。

 

名刺作成におすすめの用紙

デザインが決まれば、それを印刷するための名刺用のプリンター用紙が必要になりますね。

おそらく皆さん一度は家電量販店でこういった名刺用紙の販売コーナーを見たことがあるかもしれませんが、置いてある商品は幅広く、紙の厚さや色合い、紙質など選択肢が多すぎて悩ましいことも少なくありません。

今回ご紹介したようなWordテンプレートやサイトを使用しているのであれば、おそらく標準の白色の用紙が一番適しているのではないでしょうか。

インク革命.COMでも2種類の名刺用紙をご用意していますのでぜひご参考ください。

 

1「インクジェットまわりがきれいな名刺カード 20枚(標準厚・白・200カード)」

ミシン目がありませんので、印刷屋さんにお願いした名刺に引けを取らない仕上がりです。

 2「インクジェット名刺カード 10枚(光沢・厚手・白・100カード)」

写真の生えるフォト光沢タイプですので、顔写真やロゴが美しく表現できます。

 

インク革命.COMでご用意している用紙はどちらも染料・顔料、対応可能ですので、お手持ちのインクジェットプリンターで希望通りの名刺を作成できますよ。

 

ぜひお試しください!

インクカートリッジをさがす トナーカートリッジをさがす

インクカートリッジをさがす

ページトップ

トナーカートリッジをさがす

ページトップ